未分類

ZEH住宅の魅力とは?メリットやデメリットなどを解説

地球温暖化などの環境問題への対処が切実になっている昨今、住宅の省エネ化が注目を集めています。

一つひとつの家庭が消費するエネルギーを減らすことができれば、地球環境の保全に貢献できます。省エネでエネルギー使用量を減らしつつ、エネルギーを自宅で生みだすことができれば、なお良いですよね。

このようにエネルギーを節約する一方で、新たに創出し、使用するエネルギーの量を0にまで減らす取り組みをNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)=『ZEH(ゼッチ)』と呼びます。

住宅を建てる時、ZEHの基準を満たしている家ならば、消費するエネルギーが少なくて済むので地球環境を守ることができます。しかし、ZEHのメリットは環境保全だけではありません。

今回はZEH住宅の魅力メリット、そしてデメリットなども合わせて解説します。

ZEHとは?

ZEHとは消費エネルギーが0の住宅のことなのですが、ここで言う消費エネルギー0とは全くエネルギーを使用しないという意味ではありません。

ZEHでは、実際に消費するエネルギー量から創出するエネルギー量の数値を差し引きすることで、エネルギーのゼロ化を目指します。

長期エネルギーの需給を目指す国の取り組みとして経済産業省が発表する「エネルギー基本計画」では、下記のように記されています。

住宅については、2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す。

出典:エネルギー基本計画 – 経済産業省・資源エネルギー庁

具体的にどうやってゼロ化を目指すのかというと、まずはエネルギーの使用量を減らすため、省エネの取り組みを行います。

住宅の断熱性を上げて、エアコンなどのランニングコストを下げる取り組みがひとつの例です。

また、エネルギーの消費量を減らす一方で、太陽光発電システムを利用すれば、電力会社から電気を買わずとも、自宅で電気を発電できますよね。

エネルギーを自宅で創出する自家発電は、エネルギー起源のCO2排出量を削減できるため、環境への負担を減らすことができます。

自家発電したエネルギーを使用することで、消費エネルギーのゼロ化をZEHでは推進しています。

ZEHのエネルギーゼロ化とは要するに、電力会社などから買うエネルギーの量を0にまで減らすということですね。

省エネ対策で使用するエネルギー量を減らす一方で、自家発電でエネルギーを創出すれば、環境に負荷をかけない、地球に優しい住宅にすることができます。

ZEHの条件とは?

地球環境の保全に貢献するZEHですが、どのような住宅ならば「ZEH」と呼べるのでしょうか?

ZEHの条件は、太陽光発電システムなどの自家発電ができる設備を設置する、断熱性能と気密性能を一定水準以上確保する、この2点に該当することです。

太陽光発電システムとは、太陽光を利用して発電をするエコな自家発電方法のこと。太陽光以外にも、風力発電やバイオマス発電など、自家発電の方法は他にもあります。これらの自家発電の設備を導入していることがZEHの一つの条件となります。

さらに、自宅を省エネ化するために、ZEHの住宅には断熱性気密性が求められます。

実際に省エネ化されているかどうかは数値として示すことが可能です。ZEHでは断熱性能などを判断する省エネ基準よりも厳しい強化外皮基準が設けられています。

一般的には0.6以下であれば十分なのですが、北海道では0.4以下の数値が求められるなど、地域によって基準は異なるので注意しましょう。

参考元:エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準|国土交通省

発電設備だけでなく、断熱性や気密性に優れた住宅を建てることで、自宅をZEHにすることができるのです。

ZEHの魅力的なメリット

ZEHの住宅を建てると、確かにエネルギーの消費量を減らすことができるため、環境保全に貢献できます。ただ、ZEHを実現するためには、それ相応の費用がかかるもの。

高いお金をかけてまで住宅をZEHにする魅力メリットは住宅の購入者にはあるのでしょうか?

ZEHにするメリットをいくつか挙げてみましょう。

  • 光熱費などのランニングコストを削減できる
  • 断熱対策で住環境が快適になる
  • 長期優良住宅として認められれば資産価値が上がる
  • 国から補助金がもらえる

まず住宅をZEH化すると、電力会社に依存しない家にすることができます。

省エネ対策を施すことで電力の使用量を減らせる一方で、太陽光発電などで電力を自宅で創出することになるので、ZEHの住宅は一般的な住宅よりも電気代が安くなります。

持ち家だろうと賃貸だろうと、人が生活を送る以上、電気は欠かせません。毎月、使用量に応じた電気代を請求されることでしょう。

ZEHの良いところは、無理をせずとも電気代を節約できる点です。

例えば冬の寒い季節。いくらエアコン代を節約したいからといって、エアコンを使用しないと宅内が寒くなり、快適性が失われます。

しかしZEHの家ならば断熱性が高いので、エアコンのパワーが少なくても簡単に部屋を暖めることができます。エアコンのパワーが少なければ、その分電気使用量を下げられるので節約ができますね。


出典:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業 調査発表会

自宅そのものが低電力でも快適に暮らせる仕様となっているので、健康を犠牲にすることなしに節約ができることがZEHの最大の魅力でしょう。

さらに、断熱性や気密性が高いZEH住宅では、どの部屋であっても常に適温で過ごしやすく、住環境に優れているというメリットがあります。

高気密な住宅は、住宅全体をムラなく暖めやすいので、冬でも快適に過ごすことができます。部屋と部屋との温度差が少なければ、ヒートショックへの対策にもなりますよ。

ヒートショックとは、寒い場所から暖かい場所に移動する際に、急激な温度差によって血圧が乱高下することで、脳内出血や心筋梗塞、脳梗塞などの症状を引き起こす現象のことです。

家庭の脱衣所や浴室、トイレなどの室温差が激しい場所で引き起こされることが多く、高齢者ほどヒートショックで受ける症状は重くなりやすいとされています。

そのため、消費者庁では高齢者の入浴中による事故に関して、下記のように注意喚起しています。

家庭の浴槽での溺死者数は12年間で約8割増加し、平成28年に5,138人となっています。
そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。溺死を含む入浴中の事故死は、東京都23区では平成26年に1,442件あり、冬季に多く発生している傾向がみられます。過去には入浴中の急死者数は約19,000人と推計されたこともあります。

出典:冬季に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください!|消費者庁

ZEH住宅は高気密で断熱性能が高い造りになっているので、ヒートショックが起こり難く、高齢者も安心して住めるということですね。

また、気密性が高いと生活音が外に漏れ難く、プライバシーを守りやすいというメリットもありますよ。

これらのメリットに加え、ZEHにすることで長期優良住宅と認められる場合、10年後20年後であっても資産価値が付きやすく、売却する時に有利になります。

長期優良住宅とは、長期にわたって良好な状態を保てる高品質な住宅のことで、所管行政庁からの認定を受けると中古住宅でも価値が付きやすい特徴があります。

たとえ売却する予定がなくても、長期優良住宅の認定を受けると、住宅ローン減税や各種税金などで優遇されるので、一般の住宅よりも経済的な恩恵が多いのです。

ZEHの経済的なメリットは他にもあります。

環境保全は現在、世界中にとって切実なテーマということもあってか、ZEHの取り組みをすると、補助金を貰えることがあります。


平成30年度のZEH補助額【一律70万円/戸】で、蓄電システムを導入すると3万円加算されます。(参考元:ZEH補助金について|SII:一般社団法人 環境共創イニシアチブ

各地方自治体では太陽光発電システムの補助金制度もありますが、国からの補助金の併用は対象外となりますので、ZEH補助金との併用はできません。しかし一部地域では独自の補助金を出している場合があるので、一度確認しておくと良いでしょう。

長期優良住宅の条件とは?

住宅をZEH化すると、電力の消費エネルギーを減らし、節電することができます。ひいては光熱費を削減することで、ランニングコストを節約できるでしょう。

他方で、住宅ローン減税や各種税金などで優遇的な措置を受けるためには、長期優良住宅として認められる必要があります。この長期優良住宅として認められる条件とは一体何なのでしょうか?

長期優良住宅の認定条件というと、省エネルギー性の他に耐震性、維持管理や更新の容易性、劣化対策、バリアフリー性、可変性、などがあります。

このうち、省エネルギー性については、省エネルギー対策の最高等級である等級4以上が求められます。

他にも、耐震等級2以上、劣化対策等級3以上、住戸面積は75㎡以上、10年ごとの検査、床下空間に330mm以上の高さが必要、などが長期優良住宅には求められます。

さらに、所管行政庁の審査をパスしないといけません。この所管行政庁の審査の基準はそれぞれ異なりますので、注意が必要です。

これらの条件をクリアしてはじめて長期優良住宅として認められます。

自宅をZEH化すれば、省エネルギー性についてはパスできるでしょうが、他の要件を審査でクリアできないと長期優良住宅として認められないのです。

税制面での優遇措置を受けたいなら、省エネルギー性だけでなく、その他の認定基準項目もチェックしておきましょう。

ZEHのデメリットや注意点は?

ZEHには多くの魅力があるのですが、デメリットもあるので注意してください。

考えられるデメリットは以下の通りです。

  • 初期コストが高い
  • メンテナンスなどの維持コストがかかる
  • 制約が多い

まず住宅をZEHにするためには、断熱性能や気密性能を高くする一方で、ソーラーパネルなどの発電設備を導入しなければなりません。

要するに一般の住宅よりも初期費用が高くなるということですね。特にソーラーパネルは高額であるため、初期コストが高くなりやすいです。

補助金が出ればある程度カバーすることができますが、補助金が少ない地域や、まったくない地域ともなると初期コストはすべて自己負担となってしまいます。

もちろん、太陽光発電システムを導入すれば、発電した分だけ電気使用量を節電できるので、長期的に使用すれば取り戻すことが理論的には可能です。

ただし、太陽光発電の設備は意外と寿命が短く、定期的にメンテナンスをしないと発電効率が落ちるというデメリットを抱えています。

導入した当初は発電効率が良いので、節電の効果も大きいですが、老朽化で発電効率が落ちると十分な量の発電が出来なくなってしまいます。

それを防ぐためにも、太陽発電システムの設備は定期的にメンテナンスをした方が良いのですが、このメンテナンス代にも費用はかかります。

太陽光パネルは個人ではメンテナンスが難しいので、プロに頼ることがほとんどです。

太陽光発電システムのメンテナンス代は、1回あたりの点検で2万円ほどかかります。老朽化が進み、パネル交換の必要が出た場合などは、それ以上の費用が発生するでしょう。

太陽光パネルは常に外に設置するものです。時には雨に打たれますし、雪が降り積もることも考えられます。また、海に近い場所に家を建てると、錆びつく心配があります。

メンテナンスをせずに放置をすれば劣化が進みやすく、発電効率が落ちますし、かといって定期的にメンテナンスをするとなると維持費も高くなります。太陽光発電システムを導入したのは良いものの、保証やメンテナンスなどのアフターサービスについて知らずに導入すると、初期コストや維持費で後悔しやすいのです。

太陽光発電システムを導入するのであれば、長期間におけるメンテナンスの無償期間があるなど、アフターサービスが手厚いメーカーを選択しましょう。

これらコストの問題に加え、高気密かつ断熱性能が高いZEH住宅にすると、窓や開口部のサイズが制限されるため、あまり開放的な家にはできないデメリットがあります。

気密性が高いということは、外との繋がりが薄く、大きめの窓や開口部の設置が難しくなります。そのため、自宅をZEHにすると、開放的なテラスなどは作り難いでしょう。

住宅を建てるにあたり、「窓の大きな家にしたい!」など開口部にこだわりがある場合、高気密かつ高断熱なZEHの家を建てる際には注意が必要です。

自宅をZEHにしつつ、同時に開放的で大きめの窓のある家を建てたい場合は、担当者とよく相談をした上でプランニングしましょう。

発電設備のメーカーを選ぶ時の注意点

ZEHを導入することで電気代を節約できるかどうかは、どのメーカーを選ぶかによって異なってきます。

いくら電気代が節約できるからといって、初期コストが高いメーカーを選んでしまっては、いくら節電をしても元を取ることは難しいでしょう。

同様に、アフターサービスのないメーカーを選択すると、メンテナンス代などの維持コストで、かえって費用が上がってしまう恐れがあります。

太陽光発電システムなどの発電設備を導入する際には、最初に見積もりを出してもらいましょう。同時にどのようなアフターサービスがあるのかもチェックしておくと良いですね。

理想は『初期コストが安く、なおかつ長期のアフターサービスがあるメーカー』です。

設備導入にかかるコストが安い一方で、メンテナンスにかかるコストも安くなるメーカーならば、ZEHを導入することで得られる経済的メリットをどこよりも大きくすることができるでしょう。

HEMSを導入するのがおすすめ

ZEHの住宅にする際は、あわせてHEMSを導入しておくとより多くのメリットを享受できます。

HEMS(ヘムス)とは、住宅の消費エネルギーの量をパソコンやスマホなどで一元的に管理できるシステムのこと。HEMSを自宅に導入すると、どのくらいの電力を使用しているのかを家電や設備ごとに確認することができます。


出典:HEMSとは?|HEMS普及促進事業 iエネ コンソーシアム

電気代を節約したくても、そもそも一体何を節電すれば節約に貢献できるのか、なかなかわからないものです。しかし、HEMSを導入すれば、電気を多く使っている家電や設備などをチェックすることができるので、節電が容易にできます。

住宅をZEH化する一方で、HEMSを導入しておくと、より効率よく電気代を節約できるでしょう。

ZEHに関するまとめ

今回は「ZEH(ゼッチ)について解説しました。

省エネ性が高く、自家発電ができるZEHの住宅ならば、地球環境の保全だけでなく節約も期待できます。

断熱性と気密性が高いので、ヒートショックなどの健康被害への対策にもなるでしょう。

ただし、ZEHは初期コストが高く、メンテナンスなどの維持コストも高いという金銭面のデメリットがあるので、メーカーは慎重に選ぶ必要があります。

納得のいくメーカーを選び、補助金が多い地域で家を建てれば、負担を極力少なくしつつZEHの住宅を建てることができます。

しっかりとデメリットの対策をしておけば、省エネで発電設備のあるZEHの住宅はランニングコストが安く、快適に暮らせる魅力的な家となるでしょう。