未分類

在来工法の家の3つの特徴は?メリット・デメリットなどを解説

間取りや外観、内装、設備など…。

住宅を購入するにあたって決めるべきことが多くあります。「住宅の工法」も決めておかないといけない項目の一つです。

住宅の工法は種類が多く、それぞれに違いがあります。各工法にメリットとデメリットがあるので、家を建てる前にまずどのような工法があるのかを知っておく必要がありますね。

在来工法は日本でよく見られる工法です。もしも在来工法で家を建てる場合、どのような住宅に仕上がるのでしょうか?メリットはあるのでしょうか?デメリットや注意点なども気になるところです。

今回は『在来工法の特徴とメリット・デメリット』さらに『ツーバイフォー工法との違い』などを解説します。

住宅の工法にはどんな種類があるのか?

住宅をどうやって建てるのかという工法の種類特徴について知らずに家を建てると、後々になって失敗しやすいです。

というのも、工法の中にはリフォームに向いている工法もあればそうでない工法もあるからです。リフォームが困難な工法で家を建てると、子供の成長に合わせて家を増改築したくてもできず、最初に建てた間取りのまま生活しなければなりません。

高気密・高断熱を売りにしている工法は、言い方を変えると通気性が悪く、湿度が高くなるリスクがある工法でもあるということです。

物事にはメリットもあればデメリットもあるので、家を建てる前にまずどのような工法があるのかを知っておきましょう。

では具体的に住宅の工法というと、何があるのでしょうか?

上記の表のように、同じ工法でも材質が異なるケースがあるので注意しましょう。例えば、プレハブ工法の場合、木造だけでなく、コンクリートや鉄骨などより選ぶことができますよ。

このうち、ツーバイフォー工法プレハブ工法ユニット工法は規格化しやすい工法ということもあってか、ハウスメーカーでよく採用される工法になります。

他方で在来工法は日本で主流の工法であり、多くの工務店が在来工法で家を建てています。注文住宅との相性が良い工法なので、注文住宅で家を建てる予定ならば在来工法はまず候補に入れておきたい工法です。

在来工法の特徴とは?

日本で戸建てを建てるというと、真っ先に在来工法が思い浮かぶのではないでしょうか。

在来工法は日本で古くから伝わる伝統的な工法で、柱や梁を組み合わせて家が出来上がります。別名「木造軸組構法」とも呼ばれています。

参考元:伝統的構法⽊造建築物の建築基準法における問題 – 内閣府

昔は耐震性について不安視されていましたが、現在は技術や設備が改良されているので、より耐震性のある地震に強い家を建てられます。建築基準法の基準も厳しくなっているので、最近建てられたばかりの在来工法の家ならば地震にも耐えられる安全な住宅となるでしょう。

在来工法は日本の伝統的な工法ということもあってか、日本の風土に馴染みやすく、多湿な地域であっても過ごしやすいという強みがあります。

注文住宅との相性も良いため、在来工法で家を建てるという方は少なくありません。

在来工法のメリットとは?

在来工法のメリットというと、以下の点が挙げられます。

  • 設計の段階で間取りを自由にできる
  • リフォームやリノベーションが簡単にできる
  • 大きめの開口部や窓を設置できる

在来工法は、間取りを自由にプランニングできるというメリットがあります。

間取りというのは簡単に変更できそうに見えますが、実は工法によっては制限を受けやすい分野です。特に既に大きさや形が決まっているユニット工法などで家を建てると、自由な間取りを描き難く、家のデザインについて制限を受けやすくなります。

一方、在来工法の家は柱と梁(はり)によって支えられているので、壁を自由に取り払うことができます。壁を無くしてしまえば空間を広げられますし、吹き抜けも自由に作れるでしょう。

つまり、リフォームやリノベーションがしやすいということですね。

「現在は子供が沢山いるので子供部屋は多めに欲しいけれど、将来子供が自立して子供部屋がいらなくなったら、壁を払って空間を大きくしたい!」という悩みがあれば、在来工法の家は非常にオススメです。

在来工法で建てた家は増築と減築が容易に行えるので、部屋を増やすも減らすも自由。将来的にリフォームやリノベーションを検討しているという家庭ほど、在来工法は相性が良いでしょう。

家族構成やライフスタイルというのは、時間の経過によって変わっていくものです。壁を取り払ってしまえば間取りを広げることができますし、天井を高めに移動させれば、より開放感のある家にリフォームできます。

さらに、在来工法の家は大きめの開口部や窓を設置できるという強みがあります。実はこれも柱と梁で家を建てる在来工法ならではのメリットなのです。

大きめの開口部というと、例えばテラスなどがあります。サイズが大きい窓や開口部があれば通風や採光の良い快適な住環境を実現できるでしょう。

外の景色が見やすい家を建てたいという方にも在来工法はオススメです。

自由度と可変性が高く、ライフスタイルに合わせて増改築がしやすいなど、在来工法には他の工法にはないメリットが多く存在します。

在来工法のデメリットとは?

ただし、デメリットもあります。

在来工法のデメリットというと、

  • 職人の技量で品質が左右されやすい
  • 竣工までの期間が長い
  • 耐震性能に注意点がある

などが挙げられます。

在来工法は、施工をするにあたって作業の大部分を職人の手で行うという特徴があります。

事前に工場などで大量生産するプレハブ工法やユニット工法と違って、現場の大工がその手で住宅を組み立てるということです。

そのため良い家になるかどうかは、大工の技量に左右されやすく、品質が不安定になりやすいという問題を抱えています。

在来工法で家を建てる場合は、安易に業者を決めてはいけません。確かな技量があるかどうかを判断するためにも、実績や評判などを見て、最も良い業者を選びましょう。

また職人の作業比率が大きくなることもあってか、工程が規格化しやすい工法と比べて、作業期間が長期化しやすいというデメリットがあります。

特にユニット工法のような、事前にユニットを工場ですべて作ってしまう工法と比較すると、在来工法の家は契約から完成に至るまでに時間がかかってしまいます。

工期が長いということは、完成するまでの間、賃貸物件などで暮らさないとならず、コストが上がるというマイナスポイントが付随して発生します。在来工法で家を建てるなら、早めに計画をしておいた方が良いでしょう

さらに、在来工法はもともと地震に強い家というわけではありません。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、犠牲者の80%以上が木造家屋の倒壊等により圧迫死しています。当時の木造住宅と言うと、在来工法によるものがほとんどで、その耐震性は現在の新耐震基準の半分程度しかなかったと言われています。

在来工法による木造住宅の耐震性を上げるためには、下記のような工夫が必要です。

木造住宅が地震に抵抗できるのは、「すじかい」と「構造用合板」のおかげです。
壁の中にすじかいや構造用合板が取り付けられていてはじめて地震に抵抗できる力を発揮します。

出典:木造住宅の耐震リフォーム | 名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻 森・尾崎研究室

このように、耐震性を上げるための工夫をしているから地震に強いだけであり、在来工法そのものに耐震性があるとはいえないのです。

これがツーバイフォー工法の場合、工法そのものに耐震性があるため、地震に強い家となります。

建築基準法があるため、在来工法であろうとも一定の水準以上の耐震性はもちろんあります。しかし、それ以上に安全な家を求めるというのであれば、より耐震性や耐火性、耐風性に強い工法の方がオススメになるでしょう。

ツーバイフォー工法との違いは?

ツーバイフォー工法は、在来工法と比較されやすい工法の一つです。

「ツーバイフォー」とは木材の規格化された数値のことで、ツーバイフォー工法では2インチ×4インチの木材を使用して家を建てることになります。

柱と梁を組み合わせる在来工法と違い、ツーバイフォー工法では面で家を支える構造となります。

参考元:ツーバイフォー工法による高齢者福祉施設のすすめ | COFI(カナダ林産業審議会)

もともとは北米の工法で、釘で合板を固定するだけで建てられるなど、施工性に優れた工法です。職人の技量によって品質が左右されやすい在来工法と違い、ツーバイフォー工法なら作り方が決まっているため、品質が安定します。

要するに、経験が少ない業者であっても質の良い家を建てやすいということですね。

在来工法とツーバイフォー工法は対称的な家といえます。在来工法以外の工法を検討している方は、ツーバイフォー工法を候補に入れることをオススメします。

ツーバイフォー工法のメリットとは?

ツーバイフォー工法の主なメリットを紹介します。

  • 地震に強い
  • 品質が安定化しやすい
  • 断熱性と気密性が高い
  • 工期が短い

まずツーバイフォー工法は面で構成された構造体ということもあって耐震性が高く、地震に強いです。

さらに、耐風性があるため台風に強く、耐火性もあるため火事にも強いです。

木造の建築物というと火が心配ですが、耐火性のあるツーバイフォー工法であれば火事に強いので安心です。さらに、耐火性があるおかげで火災保険が安くなるというメリットもありますよ。

ツーバイフォー工法は災害全般に強い家となるため、安全に暮らすことができるでしょう。

また、工程が規格化されやすい工法となるため、職人の技術や技量に左右されることなく安定した品質の住宅を建てやすいです。

対して在来工法は技量によって品質が左右されやすいので、良い家を建てるためには信頼できる業者を探さないとなりません。ツーバイフォーならばそのような心配は無用なので、安心して建築を依頼できますね。

これらの利点に加え、ツーバイフォー工法で建てられた家は高気密かつ高断熱な家となるため、外の気温の影響を受け難く、夏や冬も快適に過ごせるという利点があります。

断熱性の高さは光熱費の削減にも貢献するでしょう。例えば断熱性の高い家だとエアコンのパワーが少なくても、家を簡単に暖めたり涼しくしたりできるので、ランニングコストを安く抑えることができます。

断熱性能と気密性能が高いという特徴もあってか、ツーバイフォー工法は北海道のような寒さが厳しい地域での人気が高いです。

他にも、ツーバイフォー工法は短い期間で家を建てられるというメリットがあります。

大工の技量が試される部分が多い在来工法と違って、ツーバイフォー工法は作業がマニュアル化されているので早く建てられるということですね。

ツーバイフォー工法のデメリットとは?

ツーバイフォー工法には在来工にはないメリットがあります。他方で、在来工法ならばできることが、ツーバイフォー工法だとできなくなるので注意してください。

ツーバイフォー工法のデメリットというと、

  • 間取りを自由に設計できない
  • リフォームが難しい
  • 大きめの開口部が設置できない

などが挙げられます。

ちょうど在来工法のメリットとは真逆のデメリットですね。ツーバイフォー工法と在来工法はまさに性格が正反対な工法なのです。

面で構成されるツーバイフォー工法の場合、間取りに制限を受けやすく、自由に設計することができません。

ツーバイフォー工法で家を建てると、どうしても外せない壁などが出てくるので、間取りがパターン化されやすくなります。この特徴はリフォームにも影響を与えます。

壁や天井を自由に取り外せる在来工法と違ってツーバイフォー工法の場合、壁が家を支えているため、リフォームをしたくても困難なことが多いです。もしも壁を取り払ってしまうと、自宅の耐久度が落ちてしまい、建物の寿命を短くしてしまいます。

ツーバイフォー工法には間取りの変更が難しいというデメリットがあるので、一旦間取りが決まってしまうと、今後その間取りで我慢するしかありません。

家を建てる際には、本当にこの間取りで良いのか。子供の成長など今後のこともよく考えてプランニングをしましょう。

さらに、ツーバイフォー工法は面で家を支える構造体ということもあり、大きめの開口部や窓を設置し難いです。

確かにツーバイフォー工法は気密性が高いのですが、大きめの窓や開口部がないと通風が悪く、湿度が上がりやすくなります。

多湿な日本でツーバイフォー工法の家を建てると、湿気のせいで結露が生じやすく、建物の寿命を短くしてしまいかねません。ツーバイフォー工法で家を建てるなら、湿度が上がらないように、結露対策を講じておく必要がありますよ。

北海道のような湿度が低い地域ならばツーバイフォーはオススメですが、日本は多湿なエリアが多いです。湿気が心配なので大きめの窓や開口部を設置したいというのであれば、在来工法の方が相性が良いですね。

在来工法に関するまとめ

今回は「在来工法」とは何か、そのメリット・デメリット、ツーバイフォー工法との違いを解説しました。

日本に古くから伝わっている在来工法は、多湿な日本の風土に馴染みやすい工法です。さらに、間取りの自由性が高く、リフォームにも適しているという特徴があります。

ただし、工期が長く、品質が職人の腕前に左右されやすいというデメリットを抱えています。

できるだけ工期が早く、高気密かつ高断熱、地震にも強い家を求めているのならツーバイフォー工法の方が良いでしょう。

在来工法にはメリットもあればデメリットもあります。各工法の長所と短所を見比べて、もっとも良い工法を採用しましょう。