未分類

東栄住宅で新築一戸建て-建売分譲を買った人の評判・口コミ10選【令和最新版】坪単価や間取りなどのギモンも解消

整えられた住環境の人気の土地を探し出し、品質の高い住まいを建築・販売している東栄住宅。

その住まいは地震に強く、1年中快適な温度で生活が可能な耐震性・断熱性に優れた住宅です。東栄住宅の住まいであれば家族はいつでも安心で心地良い生活が送れることでしょう。

今回は、東栄住宅の建売分譲住宅と注文住宅について特徴や口コミを調べ、まとめました。マイホームの建築や購入を検討しているのであれば、是非参考にしてくださいね。

東栄住宅で新築一戸建て建売分譲を買った人の評判・口コミ10選【令和最新版】

まず、東栄住宅の建売分譲住宅を実際に購入した人の評判や口コミを調べました。

良い評判だけでなく、悪い評判も集めましたので是非参考にしてくださいね。

担当者とのやり取りに関する評判・口コミ

東栄住宅の建売分譲住宅を購入した人の東栄住宅の担当とのやり取りに関しての口コミを集めました。

  • 担当の方が話しやすく、あまり乗り気でなかった建売分譲住宅の購入を決めることになったのは担当の方との相性が良かったからだと思います。
    私たち夫婦の希望にぴったりの物件をいくつも紹介してくれましたし、自分が口頭で伝え切れていなかった希望も掘り下げて考えてくれていたと感じています。
  • 折り返しの電話の約束をしたまま連絡がなかなか来ないことが何度かありました。本人のミスなのか取次者のミスなのかは分かりませんが、改善した方が良いと感じました。
  • 東栄住宅の物件は自社社員の販売がメインとのことで、さすがに豊富な知識をお持ちで色々な質問にもスムーズに答えてくれました。お陰で安心して家選びができたと思いますね。 

建物の構造・デザインに関する評判・口コミ

東栄住宅の建売分譲住宅の構造やデザインに関する口コミを集めました。

  • 地震への強さに魅力を感じました。
    また断熱性・気密性も良いので真冬でも素足で過ごせますし、冷暖房を少しの時間使用すれば長時間効果を感じることができます。
    冷暖房費も想像していた以上に削減できましたので住宅ローンの負担も減っています。
  • キッチンが広々としているし、収納も広さだけでなく使いやすいさも考えられています。
    コンセントも欲しいところに用意されているので何から何までしっかりと暮らす人のことを考えた間取りとデザインをしているのだと思います。

建物の内装・インテリアに関する評判・口コミ

東栄住宅の建売分譲住宅の内装やインテリアについての口コミを集めました。

  • アクセントカラーの壁がとても気に入っています。シンプルなのにオリジナルな空間も意識されていて外観が一棟一棟違うのも魅力です。

アフターサービス・保証に関する評判・口コミ

東栄住宅の建売分譲住宅のアフターサービスと保証に関しての口コミを集めました。

  • 先日点検をお願いしましたが、点検前の日程調整も当日の対応もとても丁寧でした。点検自体もかなり細かい部分までしっかりとチェックしていただき、安心です。
  • 引越し後に引き戸の不具合が見つかりました。すぐに対応いただいて安心したのですが、引き渡し前の確認でもっとよくチェックする必要があったと思いました。

その他の評判・口コミ

東栄住宅の建売分譲住宅のその他の口コミを集めました。

  • 暮らしていたアパートの近くで物件を施工前に購入しました。
    施工中は何度も見学に行きましたが、いつも現場は整っていたし、丁寧な施工をされていると感じ嬉しい気持ちで家の完成を待つことができました。
    エアコン取り付け、シャッターや格子などオプションもかなり追加しましたが予算内に収めることもできたので不満は何もありません。

東栄住宅の新築一戸建て建売分譲住宅を項目別に徹底解剖

選りすぐりの土地に高品質の住宅を建築している東栄住宅。

その住宅の特徴や魅力を紹介しましょう。

デザイン性

東栄住宅の住まいは、何棟かを同時に建設する場合も、同じ外観の建物が並ばないようになっています。また、建築中も目隠しを行って工事を進めるため、防犯面の対策とともに騒音対策にも。

さらに、隣家との窓の位置だけでなく給湯器や換気扇の位置にも配慮し、お互いがプライバシーを守りながら快適に暮らすことのできる工夫がされているのです。

間取り

家族の生活を考え抜いた間取りを用意している東栄住宅の建売物件住宅。

その特徴を調べました。

使いやすい洗面スペース

洗面スペースは洗濯機置き場にもなるため家事動線に影響のある重要な部分です。

東栄住宅の洗面スペースはキッチンと廊下の両方から出入りができる間取りや、洗面スペース自体を2階に設けて洗濯物の上げ下げがない生活を可能にしています。

リビング和室

特に小さい子供のいるご家庭には横になれるスペースである和室は欠かせません。

リビングと和室の境界線を曖昧にし、家族が集まる場所で自然と子供を見ながら家事をしたり寛いだりができる間取りを形にしました。

仕切りを閉じれば客室としても利用できる便利な空間です。

広い玄関

住まいの第一印象である玄関は、どうしても散らかりやすい場所。

広いシューズインクローゼットを設けることで靴だけでなくベビーカーなどの収納も行えるようになり、整頓された玄関を用意できるでしょう。

価格・坪単価

東栄住宅の建売分譲住宅の価格帯は2,000万円〜3,500万円です。

この価格は土地込みの値段となりますので立地によって総額は大きく変わります。

自社一貫体制で中間マージンを排除し、スケールメリットを活かした大量仕入れによる建材のコストダウンを成功させている東栄住宅は、非常に優れた性能の住まいを手頃な価格でオーナーに提供していると言えますね。 

アフターサービス・保証

オーナーに安心の生活をずっと送ってもらいたいと考えている東栄住宅では万全のアフターサービスと保証を用意しています。その内容を調べました。

無料の定期点検

長く暮らす住まいには点検が不可欠です。

東栄住宅では無料の定期点検を複数回用意しており、そのタイミングは引き渡し後3ヶ月後・2年後・5年後・10年後・15年後・20年後・25年後。

不具合や劣化に早期に気づき、対応を行うことで住まいを長期間快適な状態で保つことができるでしょう。

30年間の長期保証

最長30年間の長期保証を設けており、家族の生活をずっと支えることが可能です。保証の延長は、定期点検時に必要とされたメンテナンスを行うことで可能となります。

管理カルテの作成

アフターサービス時の発生・原因・対応内容などを管理カルテとして記録しています。カルテがあるお陰でトラブル発生時には迅速かつ正しい処理を行うことができるのです。 

耐震性

東栄住宅の住まいは数百年に一度の地震に耐える力の1.5倍もの強さを持っています。そのため国の定める耐震等級も最高等級を取得しています。 

強い基礎

どんなに優れた家でも基礎が弱くては意味がありません。東栄住宅の基礎は面でしっかりと住まいの荷重を受け止めるコンクリートのベタ基礎。

地面からの湿気を防ぐ効果もある耐久性のある基礎です。 

接合金物

地震の際の弱点となってしまう接合部分には地震に強い強固な金物を採用。大きな地震が発生しても住まいの倒壊を防ぎ、強風や台風にも耐えることのできる強い家の秘密です。

耐力壁と筋交い

面材耐力壁には非常に強い構造用面材を使用し、柱と柱の間に筋交いを施工。地震の揺れない負けない構造体を実現しました。

屋根・天井裏・床で支える

天井裏には火打構面・床には床構面・屋根には屋根構面に地震に強い素材と厚さを確保。家全体を一体化させ、地震の際の横揺れにも強い住まいとなりました。

気密性

優れた気密性と断熱性を保持している東栄住宅の住まいでは床と天井部の温度差が小さく、家中どこにいても寒さ暑さの問題のない暮らしができるのです。

気密性が高いということは結露も発生しにくくなりますので、住まいの耐久性も上がります。

十分な断熱材

施工する断熱材は天井90mm・壁90mm・床下80mmの厚さ。

外気の影響を受けにくい室内環境を実現し、冷暖房効率も上がるため、暮らし心地だけでなく光熱費の節約も期待できる住まいです。

開口部

住まいの気密性・断熱性の下げてしまう窓には熱先導率がアルミよりも低い樹脂製の窓枠を施工。ガラスはLow-E複層ガラスを採用し、紫外線をカットしながら採光を確保します。

断熱効果もあるため大きな窓をたくさん設けても室内の温度に影響はありません。 

東栄住宅で新築一戸建て建売分譲を買いたい!問い合わせから購入して住み始めるまでの流れをSTEPで解説

それでは、実際に東栄住宅の建売物件住宅を購入する場合の流れを説明しましょう。

STEP1.物件検索と見学

ハウジングアドバイザーが物件を案内。周辺環境や住宅の性能だけでなく資金計画も相談できます。じっくりと時間をかけて希望の住まいを見つけましょう。

STEP2.重要事項説明と契約

担当から重要事項説明を受け、土地付建物売買契約を結びます。同時に東栄住宅購入時割引のある購入者向けの火災保険に加入することもできます。

STEP3.住宅ローン申し込み

必要書類を揃え、住宅ローンの申し込みを行います。必要書類は記入期間により変わりますが、東栄住宅の担当に相談可能。融資の承認には約10日程度かかります。

STEP4.表示登記の申請・金銭消費賃借契約

住宅の所在・所有者の変更を登記簿に記載します。

その後、銀行とオーナーの間で金銭の貸借合意を行い契約を締結します。

STEP6.現地確認

引き渡し前に実際に購入した住宅の現地確認を行います。外観・内装・設備まで補修の必要がないか細かくチェックしましょう。不具合が見つかれば補修が行われます。

STEP7.決済・銀行ローン実行

各種諸費用を含めた価格で精算を行います。

通常各支店の専属司法書士により登記が実行され手続きが完了します。

STEP8.引き渡し

鍵の引き渡しと同時に住宅性能表示評価証が渡されます。

「引き渡し完了確認書兼承諾書」に署名・押印をします。

STEP9.引き渡し

ローン契約完了後に引き渡しとなります。

土地と建物の登記手続きを実行し、仲介業者を通している場合は仲介手数料の残額を支払います。

東栄住宅で新築一戸建て建売分譲を購入することをおすすめしたい人の特徴

東栄住宅の建売分譲住宅は多くの経験とノウハウから住環境に恵まれた土地に高品質な住まいを建築することができます。

また、その自社一貫体制による施工と大量仕入れによるコストダウンを可能としており、手頃な価格で希望の立地に暮らすことができるでしょう。

住環境にこだわった家探しを希望の価格で行いたいのであれば、東栄住宅はお勧めの住宅メーカーであると言えますね。

東栄住宅の注文住宅はどう?建売住宅と比べた際の違いやメリット・デメリットを解説

東栄住宅の建売分譲住宅の特徴を説明させていただきましたが、東栄住宅では同じ品質と価格を保持した注文住宅を建築しています。そのメリット・デメリットについてまとめました。

東栄住宅で注文住宅を建てるメリット・デメリット

東栄住宅の注文住宅は、建売分譲住宅と同様に高い性能を兼ね備えた住まいを家族の好みでデザイン可能です。細部にまでこだわったオリジナルデザインの住まいに暮らすことができるでしょう。

ただし、価格的には建売分譲住宅よりも費用が掛かってしまいますので、値段にこだわりたいのであれば建売分譲住宅の建築がお勧めです。

東栄住宅で建売住宅を建てるメリット・デメリット

希望の立地に品質の優れたマイホームを手に入れることのできる東栄住宅の建売分譲住宅は徹底したコストダウンシステムにより、無理のない価格で理想の住まいを購入することが可能です。

しかし、建売分譲住宅の場合、建築後の建物では設備はもちろんカラーの希望もオプション扱いとなり再施工になってしまいますので、こだわりの設備やイメージをお持ちの場合は注文住宅または建売分譲住宅でも建築前の住宅を選ぶ必要がありますね。

東栄住宅の会社概要

ここでは、東栄住宅の会社概要や歴史と対応エリアを紹介しましょう。

東栄住宅の会社概要

東栄住宅の会社概要を調べました。

  • 社名:株式会社東栄住宅
  • 代表取締役:佐藤 千尋
  • 本社所在地:東京都西東京市芝久保町4丁目263
  • 設立:1951310

東栄住宅の歴史

東栄住宅は19513月に設立されました。1979年に建売事業を開始し、その後は支店を増やし続け、1995年には注文住宅事業とリフォーム事業を開始しました。

2004年に販売棟数20,000棟達成。2007年には販売棟数30,000棟達成。その後も販売棟数と営業所・支店を増やしながら2019年には販売等数75,000棟を実現しています。

東栄住宅の対応しているエリア

次に、東栄住宅が対応しているエリアを紹介しましょう。

建売分譲住宅対応の営業所・支店一覧

東京都・埼玉県・神奈川県・群馬県・千葉県・茨城県・宮城県・北海道・福島県・山梨県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・広島県・福岡県・熊本県

注文住宅対応の営業所・支店一覧

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県

まとめ

東栄住宅の建売分譲住宅と注文住宅について特徴や評判をまとめました。

その住まいは優れた立地に建ち、高い品質を維持した住宅です。

更にコストダウンシステムによる適正価格を実現しており、東栄住宅の住まいであればオーナーと家族は充実した生活を送ることができるでしょう。