未分類

鉄骨ユニットの家の特徴とは?メリットやデメリットを解説

家の建て方には種類があります。

日本での家の建て方というと、柱や梁を組んで建てる在来工法をイメージする人が多くいることでしょう。

そのような在来工法にはない特徴が、ユニット工法にはあります。

特に「鉄骨ユニット工法」で建てられた家の場合、鉄骨を使用するため、木造の住宅とはタイプの異なる家が出来上がります。

鉄骨ユニット工法で建てられた家は、他にはない魅力がある一方で、注意点もあります。後になって失敗しないように、鉄骨ユニット工法とはどのような工法であるのか、その特徴を理解しておきましょう。

  • 鉄骨ユニット工法とは何か
  • 家の特徴やメリット・デメリット

などを解説します。

鉄骨ユニット工法とは?

鉄骨ユニット工法は、ユニット工法の種類の一つです。ユニット工法では鉄骨の他に、木材を使用することがあります。この場合、木質ユニット工法と呼びます。

つまり使用する材料が、「鉄骨」かそれとも「木材」かでユニット工法を種類分けすることができるのです。

材質の違いを除けばどちらもユニット工法ですので、住宅の建て方に関してはどちらも同じでしょう。

そもそもユニット工法とは、事前に箱型のユニットを工場で生産し、現地で組み立てる工法のこと。

規格化されたユニットを住宅の建築予定地まで搬入し、そこでクレーンなどを使用して各ユニットを組み立てていくことになります。

ちょうど積み木をイメージするとわかりやすいでしょう。

ユニットをただ積み上げていくだけとなるため、他の工法と比べて簡単に住宅を建設できるという特徴がユニット工法にはあります。

鉄骨ユニットの特徴とは?

鉄骨であろうと木材であろうと、ユニット工法で家を建てることに違いはありません。では、鉄骨ユニットならではの特徴というと何があるのでしょうか?

鉄骨ユニットは、鉄骨を使用して構造体を成すことになります。そのため木造住宅よりも強く耐震性のある住宅に仕上がるでしょう。

鉄骨のため、白蟻を心配する必要はありません。防錆の処理を施しておけば、耐久性をより高めることができます。

さらに、鉄骨ユニットの強みは、柱と梁を組んで強靭な家を建てられることです。そのおかげで鉄骨ユニット工法の場合、大きめの開口部を設置しやすく、開放感のある家にしやすいです。

流石に柱を無くすことはできませんが、それ以外の部分であれば間取りを自由に変更できるなど、意外と可変性が高い住宅となります。

「軽量鉄骨」と「重量鉄骨」の違い

鉄骨ユニットには、2つの種類があります。

  1. 軽量鉄骨
  2. 重量鉄骨

軽量鉄骨は、一般的に住宅で使用されるタイプの鉄骨で、鋼材の厚みが6mm未満のものです。

重量鉄骨とは、ビルなどの大型の施設で使用されるタイプの鉄骨で、鋼材の厚みは6mm以上。

鉄骨工法で戸建てを建てる場合、軽量鉄骨を使用するのが一般的です。ただし、ヘーベルハウスなどの一部のハウスメーカーでは、重量鉄骨の住宅を取り扱っています。

軽量鉄骨の場合、重量鉄骨と比べて低コストなため、より安い値段で住宅を購入できます。

対して重量鉄骨の場合、柱と梁が強く、スジカイが不要になるので、間取りの自由性が高くなるという特徴があります。

出典:耐震住宅 地震に強い(重鉄制震・システムラーメン構造)制震住宅 | ヘーベルハウス | ハウスメーカー・住宅メーカー・注文住宅

また耐久性も高く、国税庁が発表している「減価償却資産の耐用年数(建物・建物附属設備)」によると、耐用年数は34年と長いです。

このように重量鉄骨造は耐久性が高い一方で、コストが高くなりやすく、軽量鉄骨と比べて高額になりやすいという特徴があります。

同じ鉄骨でも、軽量鉄骨の方が価格が安いということですね。

鉄骨ユニット工法のメリットとは?

鉄骨ユニット工法で住宅を建てる場合のメリットとは一体何なのでしょうか?

主なメリットは4つです。

    1.生産体制を工業化することで品質が安定化する

    まず鉄骨ユニット工法の主なメリットとして、生産体制を確立することで安定した住宅の供給が可能になっていることが挙げられます。

    ユニット工法で家を建てる場合、事前に工場で鉄骨ユニットが生産されています。要するに、住宅の工事が始まる時点で、既に住宅の大部分が工場で完成しているということですね。

    ユニットを組み立てるだけで家が完成するので、職人の技量が入り込む余地が少なく、鉄骨ユニット工法ならば常に安定した品質で家を建てられます。

    住宅の建設というと欠陥や不具合の有無が心配なところですが、生産体制の工業化がしやすい鉄骨ユニット工法であれば、その心配も少ないでしょう。

    2.柔構造にすることで耐震性が上がる

    上記図のようなボックスラーメン構造と呼ばれる鉄骨ユニットの場合、地震の力を柔軟に吸収する柔構造となっているため、制震装置がなくても揺れに強い住宅となります。

    ただでさえ地震が多い日本。耐震性のある鉄骨ユニットの家ならば、大きな揺れがあっても安心して暮らせるでしょう。

    3.工期が早いのですぐに入居できる

    また、鉄骨ユニットであれば工期が早くなるというメリットもあります。

    一般的に、戸建ての建設というと、4ヶ月から6カ月はかかるものですが、鉄骨ユニットならば早ければ3ヶ月ほどで家が完成するので、仮住まいにかかる負担も軽減できます。

    本来であれば6ヶ月もの期間にわたって仮住まいでの生活を強いられるはずが、その半分の期間で済むので、賃料などの負担が少なくて済みますね。

    4.スジカイが不要なので大きめの窓や開口部を設置できる

    これらの利点に加え、スジカイが不要な鉄骨ユニットの家ならば、在来工法の家のように大きめの窓を設置できるという強みがあります。

    スジカイがないということは、壁を取り払ってしまえばすぐに空間を広げることができるということです。そのためリフォームがしやすく、子供の成長に合わせて部屋数を変えていくことができるでしょう。

    ユニット工法の家はパネル工法とよく似た特徴を持っているのですが、可変性がある分、パネル工法よりも鉄骨ユニット工法の方が優位性が高いでしょう。

    鉄骨ユニット工法のデメリットとは?

    鉄骨ユニットは色々なメリットがある反面、デメリットもあります。

    • 設計や場所に制限がかかる
    • 建てた会社以外ではリフォームが難しい
    • コストが高い
    • 断熱性が低い

    鉄骨ユニットは工業化に向いた工法です。そのため規格化の恩恵が受けやすいのですが、同時に設計に関して制限がかかりやすいというデメリットを抱えています。

    大きめの開口部や窓の設置こそできますが、各ユニットの大きさやサイズは決まっているので、部屋の大きさを細かく調整することは難しいでしょう。

    一部のハウスメーカーの中には、ユニットの高さなどを自由に変更できる会社もあるので、自由な設計を求めているのであれば、それに対応できるハウスメーカーがオススメです。

    さらに、鉄骨ユニットでは事前にユニットを生産して現場に搬入するというやり方になるので、場所によっては建てられないケースが存在します。

    例えば、道路が狭かったり、変形地や狭小地などの特殊な形状の土地ともなると、ユニットを搬入できないので建てることができません。

    土地探しをする際にはこの土地でも大丈夫なのか、ハウスメーカーの担当者と事前に相談しておく必要があります。

    他にも、鉄骨ユニットは建てたハウスメーカー以外だとリフォームが困難になりやすいというデメリットを抱えています。

    他の工法でも同じことが言えるのですが、特に鉄骨ユニットの場合、鉄骨の加工が難しいので、同じ業者以外ではリフォームはできないと考えた方が良いでしょう。

    もしも他の業者に任せる場合、抜本的にリフォームをすることになるでしょうから、かなり高額の出費を求められます。

    加えて、鉄骨ユニットはただでさえ費用が高いというデメリットを抱えています。特に重量鉄骨の場合、地盤工事をしっかりとやる必要があるため、軽量鉄骨の住宅以上のコストがかかるでしょう。

    地震などの災害に強い反面、コスト高になりやすいというデメリットがあるので注意しましょう。

    さらに、鉄骨ユニットの場合、鉄骨を使用するということもあってか、木造の住宅と比べて耐熱性が低いという難点を抱えています。

    冬は寒く、夏は暑くなりやすいので、エアコンの電気代が高くなるでしょう。鉄骨ユニットの家を建てる際には、断熱性を高めるための工夫もしておいた方が良いですね。

    「鉄骨ラーメン構造」と「鉄骨軸組構造」の違いは?

    同じ鉄骨でも、鉄骨ラーメン構造鉄骨軸組構造では違いがあるので気を付けてください。

    「鉄骨ラーメン構造」では、柱と梁を溶接加工で一体化させています。

    耐久性や耐震性のある構造ですが、設計の自由度が落ちるというデメリットを抱えています。低コストで鉄骨の家を建てられるという魅力がありますが、自由に設計できなくなってしまうので注意しましょう。

    対して「鉄骨軸組構造」の場合、柱と梁をボルトで接合し、固定をすることになります。

    ボルトでの接合なので、間取りを自由に設計することができます。

    ただし、重量鉄骨を使用するため、鉄骨ラーメン構造と比べるとコストが高くなりやすいです。

    鉄骨ラーメン構造にするか、それとも鉄骨軸組構造にするかで、設計や間取りの自由度が変わってくるということですね。

    自由な間取りを求めているなら鉄骨軸組構造、価格の安さを求めているなら鉄骨ラーメン構造がそれぞれオススメとなります。

    ※参考元:鉄骨構造その1 – 名城大学 理工学部建築学科ウェブサイト

    木造住宅との違いとは?

    鉄骨で作られた家は法定耐用年数が長く、耐久性に優れています。頑丈な家となるため、長年にわたって安心して暮らせるでしょう。

    ただし、鉄骨住宅は夏や冬など温度差が激しい季節に弱く、エアコンなどのランニングコストが高くなりやすいなどの課題を抱えています。鉄骨には鉄骨でデメリットがあるということですね。

    同様に、木材には木材のメリットやデメリットがあります。

    鉄骨にするか、それとも木材にするかで悩んだら、それぞれのメリットとデメリット見比べると良いでしょう。

    木造住宅と比べた場合、以下の面で鉄骨住宅とは異なる特徴があります。

    • 工法
    • 費用
    • 工期
    • 耐震・耐火性
    • 住み心地

    まず「工法」についてですが、木造住宅ならば、在来工法ツーバイフォー工法などで家を建てることができます。

    こだわりを強く反映させた注文住宅を建てたいのなら在来工法がオススメですし、高気密かつ高断熱な家を建てたいのならツーバイフォー工法がオススメになります。

    工法の中には木造住宅でないと実現できない工法もあるのです。

    さらに費用や工期の面でも違いがあります。

    「コスト」の面ならば、材料費が安く済む木造住宅の方が優位です。しかし「工期」の面で見ると、事前にユニットを工場で生産できる鉄骨ユニットの方が早いでしょう。

    鉄骨ユニットは工業化向きの工法のため、たとえ工期が短くても品質が落ちるということはありません。確かに木造住宅よりもコストは高いのですが、常に安定した品質で工期も早いのが鉄骨ユニットの利点です。

    次に「災害への強さ」ですが、木造住宅だからといって火に弱いということはありません。ツーバイフォー工法で建てられた木造住宅は火事に強いです。

    ちなみに、鉄骨だからといって火に強いということでもありません。たとえ鉄骨でも耐火被覆をしておかないと、火に強い住宅にはならないです。

    もっとも、鉄骨ならば白蟻の被害に悩まされる心配がありません。白蟻の被害だけに限定するならば、木材よりも鉄骨の方が優位ですね。

    そして「住み心地」についてですが、断熱性や気密性に優れた木造住宅ならば、鉄骨住宅よりも快適に過ごせるでしょう。木造住宅は一年を通じて快適に過ごしやすいです。

    鉄骨の住宅を扱っている6つのハウスメーカー

    ハウスメーカーといっても、必ずしも鉄骨の住宅を取り扱っているとは限りません。今後、鉄骨住宅を購入する予定があるならば、専門に取り扱っているハウスメーカーがオススメになります。

    鉄骨に強いハウスメーカーは以下の通り。

    • ヘーベルハウス
    • セキスイハイム
    • パナソニック ホームズ
    • トヨタホーム
    • 積水ハウス
    • 大和ハウス

    鉄骨の住宅を検討しているのなら、まずはこれらのハウスメーカーより資料やカタログを取り寄せ、それぞれの住宅を比較してみてください。

    1.ヘーベルハウス

    ヘーベルハウスは、重量鉄骨を使用しているハウスメーカーで、耐震性の高さに定評があります。災害に強いことに加え、取り扱っている家のタイプも多く、二世帯住宅なども扱っています。

    2.セキスイハイム

    セキスイハイムは、鉄骨系といってもプレハブ工法に強みのある住宅となります。太陽光発電などのエコへの取り組みに積極的なハウスメーカーです。

    3.パナソニック ホームズ

    パナソニック ホームズは、旧パナホームです。2018年4月1日より社名を変更し、完全にパナソニックの子会社となりました。パナソニックグループということもあってか、家電などの設備に力を入れているハウスメーカーです。家だけでなく家電までパナソニック製にするなど、統一感のある家に仕上がりやすいです。

    4.トヨタホーム

    トヨタホームは、トヨタ自動車より独立したハウスメーカーです。ユニット工法だけでなく、鉄骨軸組工法も採用しています。トヨタ自動車のノウハウのある会社ということもあってか、鉄骨の耐久性を高めるための技術が盛んに取り入れられており、ここで建てられた住宅ならば長期にわたって安全に過ごせるでしょう。60年保証があるなど、アフターサービスが強いハウスメーカーでもあります。

    5.積水ハウス

    積水ハウスは、業界でも特に実績の多い大手ハウスメーカーです。積水ハウスのダイナミックフレーム・システムは、耐震性が高く、自由な設計ができる優れものです。

    6.大和ハウス

    大和ハウスは、積水ハウスに次いで大手のハウスメーカーです。軽量鉄骨に強い会社で、断熱性が高い住宅を建てられます。鉄骨住宅は本来、断熱性が低く冬や夏は過ごし難いです。しかし、大和ハウスの外張り断熱によって断熱性能が高まった住宅ならば、夏や冬も快適に過ごせるでしょう。

    以上のように、同じ鉄骨系の住宅でもハウスメーカーが違うと特徴が異なります。それぞれの特徴をよく見比べ、もっとも相性の良いハウスメーカーを選びましょう。

    鉄骨ユニットに関するまとめ

    今回は「鉄骨ユニットの住宅」に関して、その特徴やメリット、デメリットを解説しました。

    工業化との相性が良い鉄骨ユニットの住宅は、工期が早く、すぐに建てられるという強みがあります。事前に工場でユニットを大量生産しているため、品質が安定化しやすく、安心して高クオリティの家に入居することが可能です。

    ただし、同じ鉄骨ユニットでも、軽量鉄骨重量鉄骨などの違いがあります。同様に、ハウスメーカーについても違いがあるので注意しましょう。

    鉄骨ユニットは場所によっては建てられず、コストも木造住宅と比べると高くなりやすいです。素材が鉄骨のため、断熱性が低いなどの弱点もあります。

    もちろん、木材にもメリットがあればデメリットもあります。それぞれの長短を見比べ、最も良い方を選択しましょう。

    メリットだけでなく、しっかりとデメリットにも注意を配り、他と比較することが、鉄骨ユニットの住宅の購入で失敗しないコツですよ。