未分類

建売住宅の家の魅力とは?メリットとデメリットを解説

一生に一度の買い物と言われる住宅。

ただでさえ価格が高く、住宅ローンを組んでまで購入するだけに、失敗はしたくはありませんよね。

住宅購入で失敗しないためには、これから住む家がどんな住宅なのかを充分に知る必要があります。

そういった意味では既に完成している建売住宅は、契約前の段階で実際に住み心地を確認できるので、注文住宅のように建てた後で失敗に気づくというリスクを減らせます。

建売住宅には他にも様々な魅力があります。

今回は建売住宅について

  • 建売住宅の魅力
  • 建売住宅のメリット・デメリット
  • 建売住宅の注意点
  • 建売住宅の購入で失敗しないためのコツ
  • おすすめのハウスメーカー9選

などを解説します。

関連記事→おすすめハウスメーカーランキング【2020最新】

建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と住宅がセットで販売されている新築の分譲住宅のことで、ハウスメーカーなどが区画分けした土地に大量に住宅を建てて販売をしています。

ポイントは「既に住宅が完成している」こと。

住宅というと、契約をしてから工事を始めるというイメージがつきものです。しかし建売の場合、既に土地の上に住宅が建設されており、設備も設置済み。あとは売買契約をすればいつでも入居できる状態となっています。

建売住宅が建つ場所というと、分譲地に大量の戸建てを建てることになるので、住宅が集中する住宅街になりやすいです。

また建売住宅では規格化された工程によって大量に住宅を建てることになるので、分譲地にある住宅というと、どれも似たような仕様の家になりやすいです。

特に大規模な開発をした分譲地の場合、広範囲にわたって似た外観の住宅が並び立つので、街並みが統一されます。

ハウスメーカーが開発をする過程で道路などのインフラを整備するので、建売住宅が並び立つ分譲地などは家族が暮らしやすい住環境になるでしょう。植栽までしっかりやってくれるハウスメーカーであれば、統一感のある綺麗な街並みになります。

建売住宅の魅力やメリットとは?

そんな建売住宅には、果たしてどのような魅力があるのでしょうか?

建売住宅の主なメリットというと、

  • 設備が設置済みなので住み心地をイメージしやすい
  • 注文住宅よりも価格が安い
  • 工期が短い
  • 大規模な分譲地ならば統一感のある綺麗な街並みになる

などがあります。

建売住宅は既に工事が終わった完成済みの住宅のこと。そのため面倒な工事の作業に関わる必要なく、住宅を購入できます。

住宅が完成しているだけでなく、設備も導入されているので、あとは引っ越しをすればいつでも住むことができるでしょう。

このように家が完成されている状態なので、建売住宅ならば契約前の段階で実際に家を見学し、住み心地を隅々までチェックすることができます。

本来であれば完成しないとわからない家の仕様・間取り・設備などが契約前に確認できるので、より正確な生活をイメージすることが容易です。

事前にどのような家なのかがわかっている分、住宅購入の失敗のリスクを減らせるでしょう。

さらに、建売住宅は注文住宅と比較すると、安く購入できるというメリットがあります。

注文住宅と違って自身でプランニングをする必要がありませんし、ハウスメーカー側も一度に大量に家を作ることで一軒あたりにかかるコストの削減に成功しています。コストが低い分、安く家を買えるでしょう。

既に工事が終わって設備が導入されているので、工期が全く無いというのも建売の魅力です。

工期が無いおかげで、工期中にかかる仮の住まいの住居費など、余計なコストをかけずにすぐに新生活を始めることができます。

どれほど良い家を建てても、その家の地域環境が悪いと台無しです。その点、建売住宅はほとんどが分譲地に建てられるということもあってか、良好な住環境の中で新生活を始めやすいです。

特に大規模な分譲地の場合、住宅で統一された街並みとなるので、整然とされやすく、調和のある生活を送りやすいです。

分譲地というのは元々は住宅以外の用途に使われていた土地であることがほとんどなので、そこに住む人というのは同じ時期に家を購入した人になりやすいです。要するに、同世代の人達が集まりやすいということ。

ご近所さんが同年代であればコミュニケーションもしやすく、家族ぐるみでのお付き合いが期待できるでしょう。

建売住宅の魅力は、安く早く家を建てられることだけではありません。分譲地という良好な住環境の中で生活できるというのも建売ならではのメリットです。

建売住宅のデメリットや注意点とは?

建売住宅にはメリットに対してデメリットもあるので注意してください。

<建売住宅の主なデメリット>

  • 住宅が建設済みなのでプランニングができない
  • 工事の様子を確認できない

建売住宅は既に作られた家を販売しているという性格上、プランニングを新たにすることはできません。良くてリフォームでしょう。

最初から仕様や間取り、外観、内装、設備などが決まっているので、ありのままの家を受け入れるしかありません。

どうしてもここは気になるポイントがあれば、後から自分で手直しをするしかないです。

しかし、ここで注意しておきたいのが、建売住宅は工法の種類によってはリフォームが困難な場合があるということ。

特定の地域に大量生産される建売住宅は、ツーバイフォー工法などのマニュアル化しやすい工法が採用されやすいです。

後々になってリフォームをする前提で家を買うなら、リフォームが容易な工法で建てられた建売住宅を探しましょう。

単に建売住宅が欲しいからといって、評判が悪い建設会社が建てた家はオススメしません。

というのも、建売住宅は既に完成済みということもあってか、工事の様子を見学できず、見えない部分の確認ができないからです。

材料や工事の様子を確認できないので、本当にこの家は質が良いのかを調べることが難しいです。

工事の様子がわからない分、建売住宅を購入するなら評判が良く、実績も豊富なハウスメーカーなどを選びましょう。

建売住宅の購入でよくある失敗とは?

せっかく高いお金を払ってまで建売住宅を購入したのに、失敗したというのでは本末転倒です。

建売住宅でありがちな失敗例として、まず個性がないため自分の家の見分けがつきづらいところがあります。

建売住宅は特定の地域に大量に家を生産するということもあってか、どれも似たようなデザインの家になりやすいです。

似た外観の家が並び立つので、統一感のある綺麗な住宅街になる一方で、それぞれの家に個性がなく、オリジナリティが発揮され難いです。

外観や内装にこだわりたいというニーズがある人からすると、同じような家が並ぶ建売住宅は相性が悪いでしょう。

ちなみに、建売住宅というと完成済みの住宅をイメージしがちですが、中にはまだ建設されていない建売住宅もあります。

このようなこれから建設予定の建売住宅の場合、会社によっては間取りの変更ができる可能性があります。

ただし、すべての会社が変更に応じてくれるわけではないので注意が必要です。

てっきり間取りの変更に応じてくれると思っていたら、実際はそのようなことはなく、契約してから間取りを変えられないことに気づいたという失敗もあるので気を付けましょう。

間取りの変更に応じてくれるハウスメーカーであれば、建売住宅であってもある程度の変更は可能です。キッチンなどの設備の変更や、フローリングの種類であれば変更がしやすいです。

とはいえ、流石に限界があります。どこまでならば変更ができて、どこまでだとできないのか。できる事とできない事を事前に確認することも忘れてはいけません。

建売住宅というのは、人気のある物件ほど早く埋まりやすいです。ただ、いくら人気があるからといって、まだその住宅のことをよく知らないうちに購入することはオススメしません。

そもそも建売住宅の魅力は「契約前に住み心地を確認できる」ところにあります。にも関わらず、他の人に取られてしまうかもしれないと焦るあまり、よく調べもせずに購入してしまったのでは折角のメリットを活かせません。

下調べを怠ると、後々になって後悔しやすいです。建売住宅を購入する場合は、たとえ他の人に取られるリスクがあったとしても、よく調べてから購入しましょう。

施工不良への対策

建売住宅は注文住宅と違って、既に工事が終了しています。そのため自分の目で工事の様子を確認することができません。

せっかく住宅を購入したのに、施工不良が原因で住宅の住み心地が悪くなってしまっては全てが台無しです。建売住宅を購入する際には必ず、施工不良がないかを調べる必要があります。

施工不良がある家を避けるためにも、第三者検査機関がチェックした建物かどうかを確認しておきましょう。

第三者検査機関がチェックした建売住宅であれば、少なくとも一定レベル以上の施工品質があることがわかるので、安心できます。

さらに、建売住宅の住宅診断(住宅検診)を請け負っている業者に依頼をすれば、建売住宅の品質を前もって調査することが可能です。

専門家に依頼をし、住宅の品質を確認することで、不具合や欠陥のない高品質な建売住宅を購入できるでしょう。

また、建物の施工不良だけではなく土地、つまり地盤を事前に調査することも大事なポイントです。

地盤の調査を見落としてしまうと、入居後に思わぬ被害に遭う恐れがあるからです。

国民生活センターが発行している「住まいの基礎知識」の資料では、建売住宅の地盤問題について、下記の事例を紹介しています。

参考元:第6回「建売住宅やマンションの契約時のチェックポイント」- 国民生活センター

地盤の良し悪しは見た目だけでは到底判断できません。建築確認済証検査済証、さらには地盤調査報告書などが無い建売住宅は非常に怪しいので注意しましょう。

どれほど良い住宅でも、必要な書類が揃っていない住宅は絶対に購入しないようにしてください。

建売住宅を購入する際には、信頼できるハウスメーカーより購入しましょう。

建売住宅を販売しているハウスメーカー9選

建売住宅に限った話ではありませんが、住宅を購入するなら実績が豊富な信頼できるハウスメーカーがオススメです。

ただ、ハウスメーカーといってもそれぞれです。実績が豊富なハウスメーカーというと、どこがあるのでしょうか?

建売住宅の実績が豊富なハウスメーカー(一覧)
  • 大和ハウス
  • 積水ハウス
  • 住友林業
  • ヘーベルハウス
  • セキスイハイム
  • ミサワホーム
  • パナソニックホームズ
  • 一条工務店
  • 三井ホーム

上記のハウスメーカーは規模が大きく、全国でも名の知れている有名な大企業です。

例えば、「大和ハウス」などは全国的に建売住宅や分譲住宅を販売しています。

建売住宅のデメリットというと、本来であれば特定のエリアしか選べないこと。しかし、全国展開している大手ハウスメーカーの建売住宅に限定すれば、それこそ全国津々浦々で好きな地域を選べます。

大和ハウスに限らず、全国展開している大手ともなると建売住宅のデメリットを緩和することができるので、色々な場所を見て回りたいという時は大手ハウスメーカーの建売住宅を検討してみましょう。

建売住宅というと、どれも似たような外観になるというデメリットがあります。しかし、ハウスメーカーが違えば、住宅の外観も各企業によって違いが生じます

材質についても、建売だからといって必ずしも木造住宅とは限りません。中には鉄骨の建売住宅を販売しているハウスメーカーもあります。

例えば、鉄骨住宅に強い「ヘーベルハウス」であれば、耐震性のある鉄骨の建売住宅に住めるでしょう。

「パナソニックホームズ」といえばパナソニックグループのハウスメーカーです。パナソニックホームズの建売住宅を選べば、パナソニック製の高品質な設備を利用できる住宅に住めるでしょう。

「一条工務店」といえば、気密性や断熱性に優れた木造住宅に定評があります。快適な木造住宅を求めている方にほど、一条工務店は相性が良いでしょう。

同じ建売住宅でも、ハウスメーカーが違えば家の特徴も変わってきます。

それぞれのハウスメーカーよりカタログを取り寄せ、モデルハウスを見学し、「違いを見極める」。それが相性の良いハウスメーカーを探すコツです。

良いハウスメーカーに巡り合うことで、魅力的な建売住宅が見つかるでしょう。

建売住宅のメリットに関するまとめ

今回は「建売住宅の魅力やメリット」、さらには「デメリットや失敗しないための注意点」などを解説しました。

建売住宅の魅力は、

  • 既に完成しているので工期なしですぐに入居できること
  • 購入後の生活がイメージしやすいこと
  • 注文住宅と比べて安く買えること

など、「安く・早く家を買える」ことが主要なメリットです。その反面、既に家が出来上がっているので、プランニングができず、工事の様子を確認できないというデメリットがあるので注意しましょう。

工程が規格化されている建売住宅は、どれも似たような外観です。そのため分譲住宅が多く建つ分譲地は、街並みに統一感が生まれ、整然とした住宅街になります。他方で、個性がないというデメリットもあるので気をつけましょう。

もっとも、建売住宅といえど、まったく無個性というわけではありません。ハウスメーカーごとに違いがあります。

これから建売住宅を購入するという方は、まずは各ハウスメーカーよりカタログを取り寄せ、それぞれの違いをよくチェックしておきましょう。