未分類

修繕費はハウスメーカーがお得?戸建ての修繕計画を解説

住宅というのは購入後であっても、修繕などのメンテナンスにお金がかかります。

たとえ建設したばかりの新居であっても、定期的に点検をしなければなりません。その点検にもやはりコストがかかってしまうもの。

メンテナンスを怠れば、せっかく高値で購入した住宅も経年劣化することで資産価値が減じてしまいますし、なにより快適な暮らしを送れなくなってしまいます。長期にわたって健やかに暮らすためにも、住宅のメンテナンスは欠かせないものなのです。

「でも、あまりお金はかけたくない…。」

そのような悩みを抱えている方には、アフターサービスが充実しているハウスメーカーがオススメです。

今回は住宅の修繕費などについて

  • メンテナンスにかかる費用
  • 修繕計画のポイント
  • ハウスメーカーがお得になる理由

などを解説します。

関連記事→おすすめハウスメーカーランキング【2020最新】

住宅の修繕費とは?

住宅を購入し、戸建てを建てると、住宅ローンの返済や税金などの必要経費とは別に、家を適切に管理するための費用が発生するようになります。

いくら新築の住宅といえど、30年も経過すれば劣化を招きますし、中には壊れてしまう設備なども出てくるでしょう。

最近の家は昔と比べて頑丈なので、30年ぐらいで倒壊の危険があるほど劣化をすることはないはずです。しかし、トイレのパッキンやサッシ、雨どい、壁紙などはそれほど耐久力のある物ではありません。

だいたい20年から30年もすると、様々な個所を修繕する必要に迫られます。

この修繕にかかる費用ですが、30年間でだいたい500万円はかかるとされています。

もちろん、家の規模や大きさによって実際にかかる費用は異なってくるのですが、それでも安く済むということはまずないでしょう。

30年までに500万円はかかることを想定しておいた方が無難ですし、その前提で修繕費を積み立てておかないと、いざという時にお金が足りず、満足なメンテナンスが受けられない恐れがあります。

これが分譲マンションの場合、契約で修繕積立費を支払うことになるので、自身で修繕計画を立てる必要はありません。修繕計画はすべてマンション側に一任できます。

しかし戸建ての場合、すべて自己管理となります。修繕費を払うか払わないかは本人の自由となりますが、もしも払わないとなると住宅の劣化を招き、結果的に大損することになりかねません。

後々になって困らないように、戸建てを建てる際には修繕計画をしっかりと立て、日ごろより修繕費を積み立てておきましょう。

メンテナンスが必要な理由とは?

戸建てはマンションと違って、修繕費を自由に管理することができます。

マンションだと半ば強制的に修繕費を積み立てることになるのですが、戸建てならば積み立てるか否かは自由となります。ただし、将来のことを考えるなら、マンション同様に修繕費は積み立てておいた方が良いでしょう。

修繕費を積み立てておかないと、30年後に自宅が老朽化した時、後悔しやすいです。

なぜなら、どんなに外観が綺麗な家でも実際には被害を受けていることが多く、早めにメンテナンスをしておかないと重度の劣化を招くことになるからです。

自宅の劣化の原因というと、湿気白蟻などがありますね。

住宅というのは常に風雨に晒されているものです。湿度が高いと資材が濡れやすく、劣化を招きます。特に白蟻の被害に遭っている住宅ともなると、最悪のケースとして自宅の倒壊もあるので注意が必要です。

台風や地震などの災害があれば、下手をすると壁にヒビが入ることもありますし、それをキッカケに劣化の進行が早まることも。

たかがひび割れといって放置をすると、そこから雨水が侵入し、雨漏りを起こすこと可能性があります。

また、排水管や換気扇など、目に付き難いところは掃除が行き届かず、汚れがあっても放置されやすいです。汚れを放置すると、そこから劣化が始まり、やがては家の寿命を短くしていきます。

家の汚れを綺麗にするだけでも、家というのは意外と長持ちするものです。

汚れが原因で劣化が進むと重度の損傷を引き起こすこともあります。場合によっては設備の交換を余儀なくされるでしょう。

そうなってくると、清掃以上のコストがかかるだけに、ただでさえ高い修繕費が余計値上がりします。設備が故障すれば、交換しなければならず、修繕費は否応なしに上がってしまいますよね。

修繕費というのは、家の劣化を放置すればするほどかえって高くなるものです。

多少お金はかかりますが、業者を雇って隅々まで清掃してもらったり、定期的にメンテナンスをすることが結果的に修繕費を安くするコツですよ。

交換が必要になる設備

30年は確かに長い歳月ですが、それでも現代の住宅ならば十分に耐えられる期間です。最近は建築技術が進んでいるということもあってか地震などの災害にも強く、長期にわたって安心して暮らせる住環境が整っています。

ただし、家が平気でも中の設備まで安心とは限りません。

30年も経過すると、新築時の設備はだいたい交換することになります。では具体的にどのような設備が交換の対象となるのでしょうか?

交換が必要になる設備というと、

  • 屋根
  • 雨どい
  • クロス
  • バスユニット
  • トイレ
  • バルコニー
  • サッシ
  • ドア
  • シャッター

などが挙げられます。

もちろん、すべてを絶対に交換しないといけないというわけではありません。しかし、これらの設備は20年から30年を目安に一度交換することになりやすいです。

流石に建てて10年も経たないうちに屋根を交換するということは滅多にないでしょう。ただ20年も経過したら、設備も傷んできますし、交換が必要な箇所も出てきます。

交換をするとなると、100万円以上お金がかかることもあるので、20年から30年後に備えて事前に修繕費を積み立てておきましょう。

修繕計画の立て方のポイントとは?

新築で住宅を建てた場合、すぐに修繕が必要になるということは滅多にありません。

もともと欠陥や不具合がある住宅などの例外を除き、建ててから10年以内であればそれほど修繕費もかからないでしょう。

そのため、修繕計画を立てる際には、最初の10年のうちにまとまった資金が貯まるように積立プランを立てておくと、無理なく修繕費を捻出できますよ。

積み立てた修繕費が必要になる時期が10年目以降となります。

10年も経過すると、屋根替えや外壁の塗り替えが必要になってきますし、防腐や防蟻などの対策も必要になってきます。

さらに、エアコンや換気扇、ガスコンロ、給湯器などの設備もこの頃より不調が目立つようになります。

エアコンは掃除などのメンテナンスをすることで寿命を延ばせますが、だいたい十数年が寿命とされています。劣化が進み、設備が使用不能になる前に交換をしておいた方が良いでしょう。

これら費用を捻出するためにも、事前に修繕費を積み立てておいてください。

設備の交換といっても、いきなり全てを交換することはありません。不調が目立ったところから順番に修繕し、使えなくなった物から交換することになります。そして、やがては家の設備はだいたいすべて入れ替えることになります。

20年から30年もすれば外観から内装に至るまで、ほぼすべて入れ替えているでしょう。

修繕計画を立てる際には、30年後までにはすべての設備を入れ替えるつもりで修繕費の積立計画を立てた方が良いですね。

今はまだ大丈夫だと思って修繕計画を立てずに放置をすると、いざ30年経った時にお金が足りず、後悔しやすいです。将来のためにも、早めに修繕費は積み立てておきましょう。

修繕が必要になるタイミングとは?

修繕というのは本来、不具合が生じてから行えばよく、それまでは特に必要のないものです。だからこそ建てたばかりの新築であれば、修繕費はほとんどかからないのですが、どのタイミングより修繕費は必要になるのでしょうか?

まず外観や内装を見て、劣化していることが一目瞭然な場合は、できるだけ早めに修繕しましょう。

特に「ヒビ」「穴」は雨漏りや水漏れの原因になります。被害を悪化させる前に、修繕をしてしまいましょう。

下記の写真のように、壁のひび割れ等は自分でも簡単にチェックすることができますよ。

出典:家・住宅の経年劣化と老朽化対策について|リフォームチェックガイド|リフォーム評価ナビ

最近はDIYが流行っているということもあってか、自分で修繕するという方もいらっしゃいます。外壁補修などは自分で行うこともできますし、自分でやれば修繕費もかからないのでお得です。

ただし素人が外壁補修をすると見栄えが悪くなるリスクがあるので、完璧に仕上げるならプロに任せることをオススメします。

目視で劣化しているか否かを判断できる部分に関しては、時期に応じて修繕が可能です。しかし屋根や排水管などは、目視ではなかなか劣化具合がわからない場所です。そのような個所は業者に定期点検を行ってもらい、チェックしてもらいましょう。

劣化というのはゆっくり起こるものです。そのため5年から10年のスパンで定期的に点検を行ってもらうことで、目に付きにくい箇所でも早期に劣化を見つけることができます。

目に付かない箇所というとつい放置しがちですが、定期点検をしてもらえれば、不具合を早めに見つけられますし、損傷が激しくなる前に修繕することで修繕費用も安く済ませられますね。

住宅の劣化を少しでも遅らせるためにも、購入後は定期的に点検をしてもらいましょう。

ハウスメーカーがおすすめな理由はアフターサービスにある

住宅に不具合があった時にかかる修繕費ですが、新築であれば建ててから10年以内であれば瑕疵担保責任を根拠に売主に補修費用を要求することができます。

そのため、工務店であろうとも、10年以内であれば品質を保証してもらえるのですが、保証といっても全てをしてくれるわけではありません。

また10年目の期限を迎えてしまうと、今後は保証を受けられなくなります。そこでおすすめなのが「ハウスメーカー」です。

ハウスメーカーでは、瑕疵担保責任による保証に加え、企業独自のアフターサービスを実践しています。

10年どころか20年後30年後と長期にわたって不具合を無償で補修するサービスや、50年以上にわたって無償で点検するなど、手厚いアフターサービスが充実しています。

このようにアフターサービスが手厚いハウスメーカーを利用すれば、本来であれば高額の費用がかかる予定だった修繕費を節約することができるでしょう。

修繕費をできるだけ節約したいなら、ハウスメーカーはまさに最適な住宅建設会社です。

ハウスメーカーより家を購入すれば、専門の業者に購入後の生活も保証してもらえるので、長期にわたって安心して暮らせるでしょう。

購入後の修繕計画をどうするべきかで悩んでいる方にほど、アフターサービスが良いハウスメーカーがおすすめですよ。

ハウスメーカーのアフターサービスで見るべき3つのポイント

確かにアフターサービスが充実しているハウスメーカーならば、購入後に万が一のことがあっても安心です。

大手ハウスメーカーであれば、何十年後であっても破綻するリスクがないでしょうから、引渡後も長期的に付き合えますね。

ただし、アフターサービスというのは企業独自のサービスということもあってか、ハウスメーカーによって内容に違いがあります。できるだけ充実したアフターサービスを受けたいのなら、各ハウスメーカーのアフターサービスの内容をよく比較しておきましょう。

ハウスメーカーのアフターサービスを比較する際に、見るべきポイントが3つあります。

  1. 保証期間
  2. 無償期間
  3. 保証対象

まず「➀保証期間はいつまでなのか」を必ず確認しておきましょう。

無償で修繕をしてくれる保証期間が長いハウスメーカーほど、いざ補修が必要な事態に迫られた時にお願いできるのでオススメです。

次に、「②無償の点検期間」もチェックしておきましょう。

保証の期間が短いからといって、必ずしも無償の点検期間も短いとは限りません。ハウスメーカーの中には保証期間が短い一方で、無償の点検期間は50年以上と、長期にわたって無償点検をしてくれる会社もあります。

このような長期にわたって点検をしてくれるハウスメーカーであれば、何十年後も安心ですね。

点検よりも保証を重視しているのであれば、一体どこまで保証してくれるのか、「③保証対象となる項目」もよく調べておくべきでしょう。

というのも、保証期間が長いからといって、あらゆる不具合に対応しているとは限らないからです。

水漏れしか対応しないのか、それとも白蟻にしか対応しないのか、両方ともに対応しているのか、など。

後々になって「この不具合は対象外だから受けられない」といったトラブルを防ぐためにも、保証内容は事前に確認しておいてくださいね。

保証点検の期間、さらには保証の対象項目などをしっかり見比べた上で、もっともアフターサービスが充実しているハウスメーカーを選びましょう。そうすれば、購入後にかかる修繕費を節約することができますよ。

修繕費とハウスメーカーの特徴に関するまとめ

今回は戸建てを購入した時にかかる「修繕費」「修繕計画のポイント」、さらには「ハウスメーカーのアフターサービスの特徴」などを解説しました。

住宅は建てた当初は不具合がなく快適に過ごせます。しかし、20年から30年も経過すると劣化が目立ちます。

不具合を理由に設備をすべて交換するとなると、30年後までにかかる修繕費は500万円にも及ぶでしょう。不具合を放置して事態を悪化させれば、さらに修繕費が高額になる恐れがあります。

不具合を未然に防ぐためにも、修繕費の積立定期点検などの修繕計画を立てておく必要があります。

ただできるだけお金をかけず、計画的に修繕をしたいならハウスメーカーがオススメです。

保証期間が長く、さらに無償での定期点検を行っているなど、アフターサービスが充実しているハウスメーカーならば修繕費を節約することができるでしょう。