未分類

失敗しない土地探しの方法とは?ハウスメーカーに任せるべき理由

賃貸の物件と違って、家を購入する場合は、住宅を建てるための「土地」も必要になります。

土地がないと家を建てられないため、まずは土地探しをした方が良いのですが、土地は自分で探した方が良いのでしょうか?それともハウスメーカーなどのプロに任せるべきなのでしょうか?

土地といっても、家の建設に向いた土地もあれば、不向きな土地もあるでしょう。家を建てることを前提に土地探しをするなら、不動産会社よりもハウスメーカーに任せた方が色々とメリットがあります。

ただし、ハウスメーカーに土地探しを任せる場合、メリットもあればデメリットもあるので注意しましょう。

今回はハウスメーカーに土地探しを依頼する場合の、

  • メリットやデメリット
  • 土地探しのポイント

などを解説します。

土地探しの前にするべきこと

注文住宅の魅力といえば、各家庭のライフスタイルに合わせて希望の家を建てられることです。間取りなどをハウスメーカーと相談することで、希望通りの家を建てられるでしょう。

ただし、住宅での暮らしというのは、家が良ければそれで構わないというものではありません。たとえ良い家が出来たとしても、周辺環境や用途地域によっては、希望に沿わない生活を強いられるリスクがあります。

●用途地域
都市における住居、商業、工業といった土地利用は、似たようなものが集まっていると、それぞれにあった環境が守られ、効率的な活動を行うことができます。しかし、種類の異なる土地利用が混じっていると、互いの生活環境や業務の利便が悪くなります。 そこで、都市計画では都市を住宅地、商業地、工業地などいくつかの種類に区分し、これを「用途地域」として定めています。

出典:みんなで進めるまちづくりの話-国土交通省

土地といっても地域によって特色があります。閑静な住宅街もあれば、近くに駅や商業施設が多い都市化したエリアなどもあるでしょう。

土地の特徴は、どの地域にあるかで異なってくるのです。

そのため注文住宅を建てる際には、家の理想像だけでなく、「どのようなエリアに住みたいのか」という理想の地域像も決めておかないとなりません。

通学や通勤に便利な街に住みたいのか、昔から住んでいる慣れた地域で暮らしたいのか、退職後に静かに暮らすための地域が良いのか…。

価値観やライフスタイルによって相性の良い土地の条件は異なります。

土地の理想像が決まっていないと、いくら時間をかけて土地を探しても希望する条件に合致した土地は見つからないでしょう。

これから住宅を建てるという方は、土地探しをするにあたり、まずは希望する土地の理想像を決めておきましょう。

土地探しをハウスメーカーに依頼するメリットとは?

このような地域で暮らしたいという理想のイメージが出来上がったら、あとは土地探しをするだけです。

土地探しを自力で行うとなると時間がかかりますし、なにより専門的な知識がないので、良い土地を自力で見つけることは困難でしょう。

やはり土地探しをするならプロに任せるべきなのですが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

土地探しのプロといえば、不動産会社またはハウスメーカーです。

このうちハウスメーカーに依頼をするメリットとは、『条件に見合った土地が探しやすいこと』です。

それも家を建てることを前提にした土地を見つけてくれるので、この土地は本当に家を建てられるのかということを調べる手間がない利点がありますね。

一方、不動産会社の場合は、予算などの目的に見合った土地を探してきてくれます。ただしその土地が希望の家を建てられる土地なのかは、自分で調べないとならないでしょう。

そもそも土地というのは、どこであっても家を建てられるというものではありません。容積率建ぺい率用途地域などの関係で希望する家を建てられない土地もあります。

不動産会社はあくまで土地の専門家であり、住宅の専門家というわけではありません。不動産会社を通じて土地探しをするなら、見つかった土地が本当に注文住宅に向いているのか、自分で調査することになるでしょう。

加えて、不動産会社に対して仲介手数料を払わないといけないでしょうから、ハウスメーカーに依頼するよりもコストが高くなりやすいです。

その点、ハウスメーカーに土地探しを依頼すれば、自身が販売する注文住宅を建てることを前提に土地探しをしてくれるので、こちらで土地の調査をする手間が省けます

余計な手間をかけず、安心して土地探しをするなら、ハウスメーカーが最もオススメでしょう。

ハウスメーカーに土地探しを依頼するメリットは他にもあります。

ハウスメーカーの場合、「土地」「建物」セットにして捉えてくれるので、住宅ローンが1本化しやすいという利点があります。

注文住宅というと、土地と建物がバラバラになることが常なのですが、ハウスメーカーならば住宅ローンを2つも組まずに1本にまとめられるので、手続き面で楽ができますね。

さらに、事前に予算を伝えておけば、建物の費用込みで土地探しをしてくれるので、予算をオーバーせずに土地を探せるというメリットがあります。

これが不動産会社の場合、建物のコストなどを考慮せず、予算だけをヒントに土地探しをすることになるので、トータルの予算を超えてしまうほど高価な土地を紹介されることがあります。

そもそも不動産会社は住宅の建設会社なので、建物の価格がいくらになるのか、住宅の見積もりを出せません。

しかし、ハウスメーカーならば住宅の見積もりも出せるので、各家庭の予算に見合った土地探しができます。

要するに、予算をオーバーしないように土地探しをしてくれるということですね。

このようにハウスメーカーに土地探しを依頼するメリットは多いです。特に、ハウスメーカーが直接土地探しをすることで、希望する間取りや外観、内装の家を建てやすい土地を探せるというのは大きな強みでしょう。

土地といっても様々で、中には変形地や狭小地のような特殊な形状の土地もあります。土地の形によっては、希望する家を建てられないこともあるでしょう。

ハウスメーカーに任せれば、注文住宅との相性が良い土地なのか、そうでないのかをプロの目で判断してもらえるので、安心して土地を買えますよ。

ハウスメーカーに依頼するデメリットと注意点

ハウスメーカーに土地探しを依頼する場合のデメリットとして、「探してくれたハウスメーカーの注文住宅を選ぶことになる」という難点があります。

これは絶対にそうなるというわけではありません。場合によっては違うハウスメーカーや工務店にすることもあるでしょう。

ただし、ハウスメーカーが探してくれる土地というのは、建築条件付きの土地であることが多いです。

建築条件付きの土地とは、一定の期間内に指定する建設業者、要するに紹介したハウスメーカーが家を建てることを条件にしている土地のことです。

このような建築条件付きの土地の場合、いくら良い土地であっても、紹介してくれたハウスメーカーに建設を依頼しないと購入ができません。

もっとも、最初からそのハウスメーカーに依頼する予定だったというのであれば、大したデメリットにはならないでしょう。

言い方を変えれば、ハウスメーカーに依頼をするなら、そのハウスメーカーに建ててもらうことを前提に話を進めた方が良いということですね。

そうでないとせっかく見つかった土地であっても、建築条件があるので購入できず、時間を無駄に浪費してしまいかねません。

さらに、ハウスメーカーが紹介する土地は、「仲介手数料がかかる場合」と「そうでない場合」があるので注意してください。

ハウスメーカーの分譲地を購入する場合、本来であれば仲介手数料をハウスメーカーに支払うことになります。

しかし、ハウスメーカーが土地の売り主だと、会社によってはこの仲介手数料を割引にしたり、無料にしてくれることもあるのです。

ハウスメーカーが紹介した土地とはいえ、不動産会社より購入する場合は不動産会社に仲介手数料を払うことになるで注意しましょう。

見つけた土地の所有者がハウスメーカーなのか、それとも不動産会社なのかによって仲介手数料が変わってくるということですね。

ただし、ハウスメーカーに依頼をしたからといって、必ずしも仲介手数料が無料になるわけではないので気をつけましょう。

土地探しを不動産会社に依頼をするメリットとは?

不動産会社はあくまで土地の専門家のため、住宅向きの土地を探すには向いていません。ただし、不動産会社に土地探しを依頼すると、ハウスメーカーにはないメリットを受けられます。

不動産会社の主要なメリットというと、『情報量が多く、掘り出し物の物件を早く見つけられること』です。

ハウスメーカーも土地探しはできるのですが、専門家である不動産会社ほど多くの情報を有しているわけではありません。

特に掘り出しもの物件や、売却の依頼が出たばかりの最新の土地情報などは、不動産会社の方が優位です。

良い土地というのは、売却依頼が出るとすぐに買い手が付くものです。ハウスメーカーが良い土地を見つけたとしても、既に売約済みの土地では購入できません。

その点、情報量の多い不動産会社ならば、ハウスメーカーでは見つけられないような土地の最新の情報を持っているので、ハウスメーカーよりも良い土地を探しやすいです。

不動産会社に依頼するデメリットと注意点

確かに不動産会社に依頼をすれば、ハウスメーカーよりも良い土地が見つかりやすいです。

ただ、不動産会社の目的「土地を売ること」、それも仲介手数料が高くなるような高い土地ほど望ましいのです。

そのため、不動産会社が見つける土地というのは、値段が高くなる傾向があります。さらに、見つけた土地が必ずしも家の建設に向いている土地とは限りません。地盤調査などが必要になってくるでしょう。

不動産会社を利用すると、土地を購入するにしても手間がかかりやすいということですね。

時間をかけずに土地探しをするなら、担当営業マンが交渉の窓口になってくれるハウスメーカーの方が良いでしょう。

おすすめのハウスメーカーの探し方は?

土地探しをハウスメーカーに依頼するとしても、一体どこがオススメなのでしょうか?

ハウスメーカーに依頼をすれば確かに土地を探してきてくれるのですが、どこのハウスメーカーが条件の良い土地を見つけてくるかは、実際に依頼をしてみるまでわかりません。

本来であれば、一つひとつのハウスメーカーに土地探しを依頼し、最も良い土地を探してくれたハウスメーカーから購入するのが望ましいです。

インターネットが発達している今の時代、大手のハウスメーカーの中にはネット上より土地探しの依頼を承ってくれる会社もあります。

ネット上より複数のハウスメーカーに土地探しを依頼すれば、各ハウスメーカーより土地の情報を得ることができます。

それらの情報を参考に比較をすることで、最も相性の良いオススメのハウスメーカーが見つかるでしょう。

このようにネットを駆使することで、簡単にハウスメーカーに土地探しを依頼できます。ネットで探す方法であれば仲介手数料をかけるどころか、ハウスメーカーに住宅建設の依頼をする必要なしに土地を探せるので、手間もコストもかからないですよ。

ハウスメーカーに土地探しをしてもらうポイントは1つだけ

ハウスメーカーに土地探しを依頼すると、探すだけならば無料でやってもらえます。さらに、ネットで依頼をすれば、複数のハウスメーカーに土地探しをお願いできるでしょう。

ただし、ハウスメーカーにとって土地探しは本業ではないということもあってか、熱心に土地探しをしてもらえるかどうかは「営業マンの努力次第」となります。

そのため、良い土地を紹介してもらうためには、こちら側も土地探しの熱意をアピールすることが大切です。

本気で家を買いたいと考えている人で、ゆくゆくは住宅の建設もそのハウスメーカーに依頼する予定だというのであれば、営業マンも本気で探してきてくれるでしょう。

しかし、ハウスメーカーと契約を結ぶつもりがない人や、家を買う気持ちが低い人、土地の条件が明確ではない人、資金が足りない人、予算計画が出来ていない人が依頼主の場合だと、営業マンの土地探しに対する本気度も低くなってしまいます。

場合によっては土地探しをしてもらえず、土地を全く見つけてくれないこともあるでしょう。

ハウスメーカーに本気で土地探しをしてもらいたいと思うなら、こちらも本気で「家を買いたい!」ということを伝える必要があります。

予算を明確にし、住みたい地域の理想像が決まったら営業マンに伝えましょう。家を買う意思があることをハッキリと明示すれば、ハウスメーカーの営業マンも本気で土地探しをしてくれるはずですよ。

ハウスメーカーの土地探しに関するまとめ

今回は『ハウスメーカーに土地探しを依頼する場合』メリットデメリット注意点などを解説しました。

土地といえば不動産会社が専門家です。ただ、住宅を建てるための土地を探すなら、ハウスメーカーに依頼した方が安全に見つかりやすく、メリットが多いです。

確かにハウスメーカーに依頼をするとなると、そのハウスメーカーと契約を結ぶことになるので、他のハウスメーカーにしたい方からすると不都合が多いです。

しかしハウスメーカーが土地探しをすれば、希望する家の条件や予算に見合った土地を探してくれるので、容易に住宅との相性が良い土地を見つけられます

ただ、ハウスメーカーにとって土地探しは本業ではないため、依頼をしたからといって必ずしも本気で探してくれるとは限りません。

ハウスメーカーに依頼をするなら、「本気で土地を探している」ことをしっかりと伝えましょう!