未分類

設計事務所とは?ハウスメーカーとの違いやメリットなどを解説

家を建てる時、どこの会社に依頼するかでまず迷うことになるでしょう。

果たしてハウスメーカー以外の会社、例えば「設計事務所」に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

安定した品質を求めるなら、ハウスメーカーがおすすめです。ただし、ハウスメーカーだと、家のデザインが規格化されやすく、どこかで見たことがあるような、画一的なデザインの家になりやすいです。

世界に1つだけのおしゃれなマイホームを建てるとなると、設計事務所がおすすめですよ。

今回は、

  • 設計事務所とは何か
  • 設計事務所の特徴
  • 設計事務所のメリットやデメリット
  • ハウスメーカーとの違い

などを解説します。

設計事務所とは?

家を建ててくれる業者というと、ハウスメーカーや工務店などをまずイメージすることでしょう。実際、これらの会社に依頼をすれば、新築の家を建ててもらえます。

では、もうひとつよく言われる「設計事務所」とは、一体どんな仕事をする会社なのでしょうか?

まず設計事務所とは、設計がメインの仕事であり、依頼主の要望に合わせて家をデザインしてくれる会社のことです。

一部例外もありますが、設計事務所というと図面を描くなどの設計以外の部分、例えば実際の工事建築に関しては工務店などの建築会社に依頼をすることになります。

設計事務所の仕事というと、主に依頼主の利益を優先した住宅の図面を描く事と、図面通りに家を建てているのか工務店の仕事をチェックする事です。

中には家の建築まで行ってくれる設計事務所もあるようですが、そのような例外はやはり少数派であり、設計事務所というと施工からは独立した組織となります。

では、ハウスメーカーや工務店は設計をしてくれないのかというと、そのような事はありません。ハウスメーカーや工務店も図面を描いてから家を建てることになるため、しっかりと設計はしてくれます。

ただし、設計事務所はこの設計をメインの業務にしている事務所ということもあってか、工務店やハウスメーカーよりも自由性が高く、依頼主の利益が強く反映された家の図面を描いてくれるという特徴があります。

ハウスメーカーのカタログには無いような、オシャレでデザイン性に富んだ先進的な家を建てたいなら、設計事務所がオススメになるでしょう。

ハウスメーカーとの違いとは?

ハウスメーカーも、注文住宅の依頼を請け負っています。

ただし同じ注文住宅でも、ハウスメーカーに依頼する場合と、設計事務所に依頼する場合では違いが生じるので注意しましょう。

まずハウスメーカーで注文住宅を依頼する場合、注文住宅といっても大胆なデザインや自由な設計は難しいです。

というのも、ハウスメーカーは工法や施工のやり方が規格化されていることが多く、注文住宅といっても出来ないことが多いです。要するに融通が効き難いのですね。

この間取りはこうして欲しいなど、こだわりの強すぎる希望に関しては受け入れてもらえないことが多く、理想通りの家が建ち難いです。

一方、設計事務所となると、0から計画を立てて図面化することになるので、非常に柔軟性に富んだ対応ができるという強みがあります。

設計事務所では図面を描くにあたり、まずはお客さんの要望や希望、こだわりをヒアリングします。続いて、土地の形や環境などを調査し、依頼主とよく相談しながら最高の家をデザインしてくれます。

あらかじめ仕様が決まっているハウスメーカーと違って、設計事務所だと一人ひとりに合わせてオーダーメイドの家を建てられるということですね。

特に変形地や狭小地のような、特殊な土地で家を建てる場合、仕様が決まっているハウスメーカーだと家を建てられないリスクがあります。

その点、設計事務所ならばそれぞれの土地に合わせて家をデザインしてくれるので、アドリブが効きやすいのですね。

工務店との違いとは?

工務店は設計事務所と違い、建物の建築がメインの業者となります。工務店の中には、設計にも力を入れている業者もありますが、大部分の工務店はやはり図面よりも施工に重きを置くものです。

そんな工務店ですが、ハウスメーカーと違って工法や施工のやり方が規格されていないので、自由に家を建てやすいという特徴があります。その点に関しては設計事務所と同じですね。

ただし、工務店は建築業者のため、デザイン力に関しては設計事務所よりも弱く、提案力が低いです。

このような家を建てたいという希望やこだわりがあるのであれば、やはり設計事務所に頼った方が良いでしょう。

もっとも、設計事務所はあくまで設計するのが主な仕事であり、施工はメインの仕事ではありません。図面通りに家を建てるのは工務店の仕事となります。

端的に言えば、設計事務所に依頼をしたところで、最終的には工務店が家を建てるということですね。

そのため設計事務所に依頼をすると、工務店だけに依頼をする場合と比べて、価格が高くなる傾向があります。

工務店単体に依頼をすれば、設計も工務店がやってくれるので、設計だけに余計なお金を取られることはありません。

しかし設計事務所に依頼をすると、図面を描くことにお金がかかるので、工務店単体に依頼する場合と比べて価格が高くなるのですね。

また、設計事務所はお客さんからよく希望をヒアリングしてから図面を描くということもあってか、時間がかかりやすく、家が建つまでの工期が長くなりやすいというデメリットがあります。

設計事務所に依頼をすると、工務店単体に依頼するよりもコストが高くなりますし、時間もかかるということですね。もちろん、最終的には依頼主が思い描いていたような理想の家が建つわけですから、時間とお金をかけるだけの価値はあるでしょう。

設計事務所の8つの特徴

設計事務所に依頼をする最大のメリットというと「自由に設計ができること」です。

制約が多いハウスメーカーと違って、工法や間取り、外観から内装まで、あらゆる面で自由に建築ができるので、どこよりも依頼主の希望が反映された家を作ることが設計事務所ならば可能です。

設計事務所には以下4つのメリットがあります。

設計事務所のメリット

  1. 自由に設計ができる
  2. 客観的に工事を監理できる
  3. 変形地など建設が難しい土地でも建てられる
  4. 具体的な生活スタイルを反映しやすい

設計の自由性に加えて、設計事務所は工務店とは独立した事務所となるため、建築にあたって客観的に工事を監理できるというメリットがあります。

工務店だけに依頼をする場合、本当に図面通りの家を建ててくれているのか、素人目では判断ができません。

しかし設計事務所が客観的かつプロの視点で見ることで、問題なく家が建っているのか、適切に監理することができます。

設計事務所の中には、理想の家を建てるにあたって最適な土地を探してくれるところもあります。

既に土地を買ってしまったものの、変形地や狭小地のようなハウスメーカーだと建設が難しい土地であっても、設計事務所ならばその土地に合わせた家を設計してくれます。

設計事務所の中には、家の温度や光熱費などもシミュレーションし、入居するとどのような生活ができるのかを具体的なイメージを解説してくれるところもあります。

良い設計事務所に依頼をすれば、どこよりも質が高く、快適で、デザイン性にも優れたマイホームを建てられるでしょう。

ただし、設計事務所にもデメリットはあるので注意してください。

設計事務所のデメリット

設計事務所のデメリットというと、

  1. 設計にかかる料金が高くなる
  2. 住宅完成までに時間がかかる
  3. 完成予想図がイメージし難い
  4. ローンのサポートや入居後のアフターサービスがない

以上4つが挙げられます。

設計事務所は「設計」がメインの事務所です。そのため、工務店やハウスメーカーに依頼をする場合と比べて、設計の分だけコストが高くなります。

さらに、設計事務所では仕様や施工の方法などが決まっておらず、規格化されていないということもあってか、施工までに決めることが多く、時間がかかるというデメリットもありますよ。

設計事務所の場合、依頼主の要望を聞き、ヒアリングの結果を基に家の図面を描くことになります。

土地の状況などもよく調査し、どうすれば理想の家を建てられるのか、依頼主とよく打ち合わせをすることになります。

図面を描くだけでも時間がかかる上に、今度は図面通りに工務店に家を建ててもらうように監理もしなければなりません。

設計事務所と工務店はそれぞれ独立した業者なため、施工する際にはよくコミュニケーションを図らないといけないでしょう。

このような意思疎通にもやはり時間がかかるでしょうから、どうしても設計事務所に依頼するとなると、家が完成するまでに時間がかかってしまうのですね。

また、いざ費用と時間をかけて家が完成した暁には、理想の家が建つのかというと、そうとは限らないケースもあります。

というのも、そもそも設計事務所はオーダーメイドの家を建てることに特化した事務所ということもあってか、住宅展示場などはありません

過去の実績といっても、それは他の人の家であり、これから建てる依頼主が希望する家のデザインではないのですね。

図面を描くことでこのような家が建つだろうとイメージすることはできますが、所詮イメージはイメージでしかありません。

肌ざわりや住み心地などを体験することはできず、住宅展示場もないだけに、いざ家が建った際にはイメージとは異なる家に仕上がってしまうリスクがあります。

他にも、設計事務所は自由なデザインができる反面、それぞれの個性が強く、依頼主と価値観が合わないこともあるなどのデメリットがありますね。

設計事務所と価値観が合わないと、希望を反映させるどころか、まったくイメージと違う家が建ってしまう恐れがあるほどです。

加えて、人気のある設計事務所となると、予約がいっぱいですぐに仕事を受けてもらえないなどの短所があります。

せっかく仕事を受けてもらえても、価値観が合わないと希望する家が建てられないなど、手続き面で面倒が多いというのも設計事務所ならではのデメリットとなります。

さらに、設計事務所はローンなどの設計以外のサポートは基本的にやってないという難点があります。

これがハウスメーカーともなると、住宅ローンのアドバイスや、入居後のメンテナンスなどのアフターサービスが充実しているものです。

設計以外の部分、例えば住宅ローンの手続きなどに関してはすべて自分でやらないとならず、やはり手続きが面倒になってしまうのですね。

0からオーダーメイドの家を建てるというのは聞こえは良いのですが、実際にやってみると面倒が多く、お金もかかります。

その点、ハウスメーカーともなると、規模が大きく、営業力もあり、建設以外の部分でもサポートが手厚いです。

住宅展示場もあるので完成図が予想しやすく、工法などが規格化されているので常に良品質な家が短期間で建てられます。

設計事務所が抱えるデメリットの多くが、ハウスメーカーを利用するだけで解消できるのですね。

ハウスメーカーのメリットとは?

確かにハウスメーカーは家の作り方が規格化されているということもあってか、柔軟性を欠きやすく、自由に設計できないというデメリットを抱えています。

ただ余計なことに時間をかけずに、すぐに質の良い家を建てたいというのであれば、設計事務所よりもハウスメーカーの方がオススメになりますよ。

ハウスメーカーのメリットというと、以下のような点があります。

  • 大企業ならではの安心感や品質の安定性
  • 最新の技術や流行を取り入れた家を建てられる
  • アフターサービスや住宅ローンなどに対応している
  • 住宅展示場があるので入居後の生活をイメージしやすい

まずハウスメーカーは、設計事務所にはない安心感があります。特に全国で展開しているような大手のハウスメーカーともなると、実績も多く、破綻するリスクも低いため、安心して契約を結べるでしょう。

加えて、ハウスメーカーともなると自社で生産設備を確保していたり、工法や家の作り方を規格化することで、常に良品質な家を建てられるという強みがあります。

確かに家が規格化されると、どこかで見たかとがあるような、標準的な家しか建てられないです。これでは自由に設計することはできないでしょう。

その反面、常に一定以上の品質が維持されているので、不具合や欠陥のない、安定した品質の家に住むことができます。

要するに大手ハウスメーカーの場合、家でハズレを引くことが無いということですね。

他にも、ハウスメーカーの強みとして耐震性や耐火性、耐久性などが上がる最新の技術を導入していたり、太陽光発電などのエコ関連の設備が導入しやすいなど、時代の流れに合った家が建てられるという特徴があります。

自社で技術開発をしているような大手ハウスメーカーともなると、他社では真似できない技術を使った家を建ててくれますよ。このように技術面に関してハウスメーカーは優れた部分が多いです。

他にも、何十年にもわたって点検をするなどのアフターサービスが充実していたり、住宅ローンの審査が通りやすくなるようにサポートしてくれたり、住宅展示場があるのでどんな家が建つのか事前に住み心地を確かめられたりするなどのメリットがあります。

設計事務所にはハウスメーカーにはない強みがあるように、ハウスメーカーには設計事務所にはないメリットがあるのです。

設計事務所とハウスメーカーに関するまとめ

今回は「設計事務所」とは何か、そのメリットハウスメーカーとの違いを解説しました。

設計事務所の強みは、自由な設計を組めることです。あくまで施工から独立した設計メインの事務所となるため、設計に関しては依頼主の利益をよく反映した家を建てられます。

対してハウスメーカーの場合、住宅の仕様が規格化されているので、自由な設計を組むことは難しく、制約を受けやすいです。

世界に1つだけのオーダーメイドの家を建てるなら、「設計事務所」の方がオススメです。

ただし、設計事務所は自由度が高い反面、時間とコストがかかりやすいというデメリットがあります。品質についても、実際に家が建つまではわからないという不安定さがあります。

その点、ハウスメーカーは品質が安定しているということもあってか、完成図が予想しやすいです。最新の技術に強く、アフターサービスや住宅ローンなど設計や建築以外の部分についてもトータルでサポートしてくれます。

家づくりで失敗したくないという方には、常に安定した品質の家を建ててくれる「ハウスメーカー」の方が相性が良いでしょう。

それぞれに一長一短があるので、住宅を建てる際には、まずどのような家を希望しているのかを決めてから、ハウスメーカーにするか、それとも設計事務所にするのかを選びましょう。