未分類

住宅展示場でモデルハウスをチェック!見方や注意点を解説

住宅ローンを組むなどして購入する住宅は、決して失敗が許されない買い物です。

失敗を防ぐためにも契約をする前に、どのような家なのか「住み心地」について知っておかなければなりません。

ハウスメーカーなどのモデルハウスを見学できる住宅展示場は、まさに家について知りたい人にオススメの絶好スポット!

特に大手ハウスメーカーのモデルハウスが建ち並ぶ総合住宅展示場であれば、各社の家を一軒ずつ比較することができる魅力があります。

これから家を購入するにあたり、住宅展示場の見学は外せないポイントでしょう。

そこで今回は『住宅展示場を見る時に覚えておきたいポイントや注意点』などを解説します。

住宅展示場は誰でも自由に家知識を学べる場所

住宅の情報を知りたいとき、あなたはどこから情報を集めますか?

多くの場合、まずはハウスメーカーや工務店などから、カタログ等を集めることから始めるでしょう。

確かにこの方法でも住宅について知ることはできます。しかし、カタログで実際の住み心地まで調べることは難しいでしょう。そこでオススメになるのが「住宅展示場」です。

住宅展示場には、ハウスメーカーや工務店などの住宅建設会社のモデルハウスが展示されています。規模が大きい総合住宅展示場ともなると、それこそ多くの会社が参加しており、多種多様なモデルハウスが集まります。

対して規模が小さい住宅展示場では、一棟しかモデルハウスが展示されていないこともあります。

このように、住宅展示場といっても規模によって見学できるモデルハウスの数に違いがあるので注意してください。

住宅展示場は基本的に誰でも無料で参加が可能。予約などをせずとも、モデルハウスを見学することはできます。

住宅展示場に訪れる人のほとんどが住宅の購入経験がない方ばかりです。住宅を買うといっても、そもそも何をすれば良いのかわからず、計画もほとんど白紙に近いという方が多数派となります。

住宅購入の計画を立てる一助として、住宅展示場を訪れてもらっても全く問題はありません。

住宅展示場に行けば、モデルハウスの見学だけでなく、営業担当者より家作りについて相談することも可能です。

「住宅を購入するつもりだけど、何から勉強すれば良いのかわからない」

そのような悩みを抱えている方ほど、住宅展示場はオススメです!

担当者に相談をすれば、各ハウスメーカーの特徴やサービスの内容、さらには住宅ローンなど、家に関する様々なことを学べるでしょう。

家について知りたいのであれば、とりあえず住宅展示場に行ってみましょう。

住宅展示場でのモデルハウス見学の流れ

初めて住宅展示場に訪れる方は、どういった流れになるのか不安ですよね。

住宅展示場でモデルハウスを見学する場合、以下のような流れになります。

まずは見学したいモデルハウスの受付を行います。

次にそのモデルハウスの担当者より、家の特徴などの説明を受けます。同時に見学時の注意点の説明もあるので、しっかりと聞いておきましょう。

その後、担当者の案内でモデルハウスの中を見学することになります。

この時、間取りや設備についての詳細な説明を受けられるとともに、質問をすれば色々と答えてもらえます。

どのくらいのコストがかかるのかなど、疑問点や不安な個所があればしっかりと質問をしておきましょう。

見学の最中には、担当者より住宅を購入する意思があるのか、入居予定の時期に関する質問をされるでしょう。

今回は見学だけのつもりで、まだ購入の時期が決まっていないのであれば、正直に申告して問題はありません。

まだ購入の時期などが未定なのに、その場の雰囲気に流されて買う意思があると伝えると、営業担当者もその前提で話を進めてくるので、勧誘を断るのが大変になりますよ。

モデルハウス見学の3つのポイントと注意点

モデルハウスを見学するにあたり、抑えておきたい3つのポイントを紹介しましょう。

  1. 複数の企業のモデルハウスを見て回る
  2. さまざまな間取りから知識を得る
  3. 住宅購入予定地の近くにある住宅展示場に行く

モデルハウスを見学する時は、一社に限定せず、色々な企業の家を見て回ると良いでしょう。

特に、まだどの住宅を買えば良いのかよくわらないという悩みを抱えている方ほど、多くを見て回ることをオススメします。

そもそも住宅にこれが正解というものはありません。それぞれのライフスタイルに合わせて、もっとも相性の良い家を選ぶべきです。

ただ、家を選ぶにしても、どのような家があるのかを知らないと選びようがありませんよね。そのため住宅展示場を利用する際には、一社に限定せず、色々なモデルハウスを見て回る必要があるのです。それも、同じような家だけでなく、まったくタイプの異なる家を見て回ると良いでしょう。

複数のモデルハウスを見て回ることで、住宅での暮らしをイメージすることができます。

さらに、各ハウスメーカーの間取りからアイディアを学ぶことができます。ここで収集した知識は、実際の家作りで役に立つことでしょう。

ちなみに、モデルハウスを見学する際には、住宅を購入する予定地の近くにある住宅展示場がオススメです。

というのも、住宅というのは地域によって建てられるサイズや大きさ、仕様に違いがあるからです。住宅展示場にあるモデルハウスというのは、その地域のルールに合わせて作られているので、非常に参考になります。

注意点1.モデルハウスと実際の住宅は違う!

モデルハウスというのは各ハウスメーカーの顔とも呼べるべき家です。できるだけ多くのお客さんに魅力的な家だと思ってもらうために、モデルハウスは実際の家よりも豪華に作るものです。

そのため、モデルハウスと実際に建てる家では、多少なりとも違いがあるので注意してください。

「オプションの有無」などがひとつの例ですね。

モデルハウスに吹き抜けがあるからといって、実際の家でも吹き抜けがあるとは限りません。というのも、その吹き抜けそのものがオプションであり、実際の家で吹き抜けを作るためにはオプションを追加注文しないといけない場合があるからです。

モデルハウスというのは、オプションが最初から入っている家であることがほとんどです。そのため、どこからどこまでがオプションであるのかを知っておかないと、いざ家を購入する時にモデルハウスとは異なる家に仕上がってしまいます。

かといってモデルハウスと同じような豪華な家にしようと思うあまり、オプションを沢山付けると、本体の価格であれば予算内におさまっていたのに、オプションのせいで予算をオーバーしてしまう恐れがあります。

オプションが有るのと無いのでは、住宅購入にかかるコストに違いが生じます。後々になって後悔しないように、モデルハウスの見学の際にはどこからがオプションなのかを必ず調べておきましょう。

注意点2.性能は必ずメモすること

モデルハウスの性能は、実際に建てる家の性能と同じであることがほとんどです。例えばモデルハウスの耐震性換気システムなどは、同じ性能になるのでしっかりと確認しておきましょう。

耐震性や断熱性、さらには換気の方法などは、家の快適性や安全性を知る上で欠かせないポイントです。

これらの性能面での情報は必ずメモをしておき、各ハウスメーカーと比較すると良いでしょう。

住宅展示場では営業マンもチェックしよう!

住宅展示場にあるのはモデルハウスだけではありません。そこにはハウスメーカーや工務店の営業マンもいます。

住宅展示場ではこの営業マンからモデルハウスの説明を受けたり、家作りの相談をすることになります。

営業マンは住宅の購入にあたって欠かせないパートナーでもあるのです。それだけに、営業マンがどのような人物なのかを知っておく必要があります。

住宅展示場の営業マンの仕事はモデルハウスの紹介だけではなく、いざハウスメーカーから住宅を購入することが決まった場合、間取りの打ち合わせをするなど、家作りの相談はすべて担当の営業マンを介して行うことになります。

今後、何度も連絡をする間柄となるだけに、営業マンの人柄はとても重要です。

住宅展示場では営業マンについてもしっかりとチェックする必要があるでしょう。

1.家作りについて知りたい時は営業マンに相談

信頼できる営業マンと巡り合うことができると、住宅に関して様々な相談に乗ってもらいやすくなります。家作りについて知りたい時も、営業マンに質問をすればすぐに答えてもらえるでしょう。

この時、基本的な情報を伝えておく必要があります。必ず伝えて欲しいのは以下の3つです。

  1. いつまでに家を建てたいのか。
  2. 入居はいつを予定しているのか。
  3. 予算はいくらなのか。

入居の予定時期や予算を営業マンに伝えれば、その情報を前提に、それぞれのライフスタイルに合った家づくりの計画を立案してくれます。

なにより、営業マンという家作りのプロの見地でシミュレーションをしてくれるので、不動産の知識がない方でも安心して万全の計画を立てられます。

営業マンは住宅だけでなく、住宅ローンや税金、手続きにかかる費用など、お金に関する相談にも乗ってくれます。

住宅の購入というと、資金計画が重要になってきますが、営業マンに相談をすれば、より適切な資金計画を立ててくれるでしょう。

住宅について相談したい時、営業マンはとても頼りになる存在なのです。

2.営業マンには地域情報を聞くべき!

住宅展示場にいる営業マンは、その地域に精通しているので、住宅以外のことも色々と知っています。

例えば、特定の地域の住み心地治安地盤に関する情報なども知っているでしょう。

これらの情報は、なかなかネットでは手に入らない知識です。そこに住んでいる人でないとわからないような情報も、営業マンを通じて知ることができます。

これから住宅を建てるにあたり、その地域について知りたいという時は、ぜひとも営業マンに質問してみましょう。

他にも、家の構造について営業マンから聞いておくと良いでしょう。

例えば、「木造と鉄骨の違いは何なのか」「耐震性はどれくらいあれば安全なのか」など。家の構造に関する質問をしておくことで、家作りの基礎知識を身につけることができます。

また営業マンは不動産業界の専門家です。住宅ローンの知識だけでなく、補助金などにも詳しいです。

住宅の補助金は、地域によって違いがあります。一つひとつを調べるとなると大変でしょう。そこで助けになるのが営業マンです。

その地域を熟知している営業マンであれば、補助金の有無や詳しい内容についても知っているでしょう。

補助金を利用すれば、住宅購入にかかるコストを減らすことができるので、知っているのと知らないのとでは大きな違いになります。

住環境の良い生活を送るために、住宅だけでなく地域や環境についても知る必要があるでしょう。

専門的なことも、営業マンに質問すれば教えてもらえるので、わからないことは一つ残らず質問し、疑問点を解消しておきましょう。

3.営業マンを避けるたった1つの方法は無記入

営業マンは確かに住宅の購入をサポートしてくれる頼れる存在ですが、まだ購入の意思がなく、なんとなく見学をしたい方からすると営業マンの勧誘は鬱陶しいだけです。

中には営業を受けることなく、じっくりモデルハウスを見学したいという方もいるでしょう。

そのような見学だけを希望している場合は、住宅展示場のアンケートで何も書かずに提出をすると良いでしょう。

アンケートには年収や入居予定日などを書く項目があるのですが、これはあくまでアンケートであり、記入を強要されるものではありません。

何も書かなくても問題はありませんし、白紙のまま提出をすれば営業マンからの勧誘も回避できるでしょう。

誰にも邪魔されることなく、純粋に見学だけを希望しているのであれば、もしも住宅展示場でアンケートを求められても断っておきましょう。

アンケートを断ると、住宅購入の意思が低いと判断されやすくなるので、勧誘を避けて、ゆっくり住宅展示場を見て回ることができます。

営業マンといってもそれぞれです。誠実に対応してくれる人もいれば、しつこく勧誘してくる人もいます。

住宅展示場ではモデルハウスだけでなく、営業マンについてもしっかりと見極めておきましょう。

住宅展示場で失敗しないためのコツ

総合住宅展示場ともなると、一つの展示場に数十社ものモデルハウスが並ぶことになります。

モデルハウスというのはただでさえ見学に時間を要するものです。全てを回ろうとすると、一日ではおさまわらず、何日にもわたって見学をしなければなりません。

すべて回れるだけの時間があれば良いのですが、仕事などの関係でなかなか時間が取れない方の場合、時間の関係で最後まで見れずに見学が終わってしまう恐れがあります。

このような失敗を防ぐためにも、複数のモデルハウスを見学する場合は、事前に2つか3つまで候補を絞っておくことをオススメします。

モデルハウスの情報は、カタログを取り寄せることである程度は調べることが可能です。ネットで調べれば、一定以上の知識は得られるでしょう。

事前にカタログや公式サイトでの情報をチェックして、各会社ごとにモデルハウスを比較することで、見学したいモデルハウスの候補を絞ることができます。

候補を絞っておけば、無駄に時間を浪費することなく、本当に見てまわりたいモデルハウスを入念にチェックすることができます。

余計な時間を使わないためにも、住宅展示場を利用する際には事前にモデルハウスについて調べておきましょう。

住宅展示場のまとめ

今回はモデルハウスの見学ができる「住宅展示場」について、見方や注意点などを解説しました。

色々なモデルハウスが展示されている総合住宅展示場に行けば、様々なタイプのモデルハウスを見学できるでしょう。

見学中は営業担当者に解説してもらうことで、それぞれのモデルハウスの特徴や仕様などを知ることができます。後々になって失敗しないように、住宅については詳細にチェックしましょう。

住宅展示場ではモデルハウスだけでなく、営業マンの人柄などをよく観察しておきましょう。

住宅を購入する場合、今後は営業マンと何度も連絡をやり取りすることになります。営業マンは住宅購入をサポートしてくれる欠かせない人物です。それだけに営業マンがどのような人物であるのかも見極めないとならないのです。

モデルハウスから営業マンまで、しっかりとチェックをすることで、住宅展示場の見学を実りあるものにすることができるでしょう。

時間を浪費しないためにも、住宅展示場を利用する際には事前に下調べをし、見学したいモデルハウスの候補をピックアップしておくことをオススメします。