未分類

ハウスメーカーはマンションの方が良い?戸建てとの違いを比較

「将来的には持ち家が欲しい!」

と考えている方は多くいることでしょう。

賃貸の物件と違って持ち家ならば、当初こそ住宅ローンの返済に追われることになるのでしょうが、完済した後には、持ち家を財産にすることができます。

賃料がかからない持ち家があれば、退職後の生活も楽ができるでしょう。このように賃貸の物件と比べて、持ち家には色々なメリットがあります。

ただ、持ち家といっても、戸建てだけではありません。分譲マンションという選択肢もあります。大手のハウスメーカーともなると、魅力的な分譲マンションを取り扱っているものなのですが、果たして戸建てマンションではどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、

  • ハウスメーカーのマンションのメリットやデメリット
  • 分譲マンションと戸建ての違い

などを解説します。

分譲マンションとは?

住宅建設会社であるハウスメーカーでは、戸建てだけでなく、アパートやマンションなどの建設も請け負っています。

そのうち、分譲マンションとは、住戸を一戸ずつ販売しているマンションのことで、購入することでその一住戸を所有することができます。

マンションの購入といっても、必ずしも一棟すべてを購入するというわけではありません。

マンション一棟を購入しようとなると膨大な金額がかかりますが、投資目的などの例外を除き、そこに住むだけならば一棟も必要はありませんよね。一住戸だけでも十分です。分譲マンションならば、安い価格で持ち家を購入できるでしょう。

もちろん、賃貸マンションと比較すれば、初期のコストは分譲マンションの方が高額でしょう。

しかし、住宅ローンを利用すれば頭金が少なくても分譲マンションは購入できます。

毎月の住宅ローンの返済額と、毎月のマンションの賃料が同程度であれば、将来的には返済が無くなる分譲マンションの方が経済的にはお得になりますね。

できるだけ金利の低い住宅ローンを利用するなど、可能な限り短期間で返済できるように住宅ローンを組めば、その分だけ早く完済し、マンションを所有することができます。

分譲マンションの4つのメリット

ハウスメーカーというと戸建てをイメージしがちですが、必ずしも選択肢は戸建てだけとは限りません。

「戸建て」には戸建ての良さがありますし、「マンション」にはマンションの良さがあります。同様にそれぞれのデメリットもありますよ。

将来、持ち家を購入する予定があるけれど、まだ戸建てにするかマンションにするか決めていないという方は、それぞれの長所と短所を見比べ、最も相性の良い方を選びましょう。

分譲マンションのメリットというと、

  • 戸建てよりも安価
  • メンテナンスが容易
  • セキュリティが整っている
  • 採光や通風などにより快適な空間になりやすい

などが挙げられます。

1.戸建てよりも安価

まず分譲マンションは、戸建てと比べて価格が安くなりやすいというメリットがあります。同じような立地条件であれば、戸建てよりもマンションの方が安くなりやすいでしょう。

ただし、すべての地域においてマンションの方が戸建てよりも安いというわけではありません。特定の地域によってはマンションの方が高くなるケースもあるため、一概にマンションの方が安いとは決められないので注意してくださいね。

2.メンテナンスが容易

価格以外のメリットとして、分譲マンションだと将来にわたって修繕計画がされているので、長期にわたって住みやすいという利点があります。

もちろん、管理費や修繕積立金などのコストはかかるでしょうが、戸建てであっても修繕費はかかります。

自分で色々とメンテナンスの計画を立てないといけない戸建てと違って、マンションは修繕積立金などを払いさえすれば、あとはメンテナンスを全て任せられるので、手間をかけることなく簡単に修繕ができます。

3.セキュリティが整っている

マンションはセキュリティ性に優れているというメリットがあります。

マンションの場合、常に管理人がいたり、オートロックや監視カメラが設置されているので、戸建てと比べてセキュリティレベルが高いです。セキュリティ会社と契約しているマンションであれば、常に安心して暮らせるでしょう。

もしもこれらのセキュリティを戸建てで実践する場合、すべて自己負担となりますし、手配も自分でやらないとならず、面倒です。

子供が既に親元を離れたシニア世代の場合、戸建てで夫婦二人暮らしというのはセキュリティ面で不安があるものです。外出中に空き巣の被害に遭う心配もあるでしょう。

ただでさえ高齢者は空き巣のターゲットにされやすいです。外出をする時、鍵だけでは財産を守れない恐れがあります。

そう考えると、常に人がいるマンションの方がセキュリティ面では安心ですね。

マンションならば土地の手入れは要りませんし、エレベーターを利用すれば階段の上り下りもせずに済むので、実はシニア世代にとって分譲マンションは相性の良い物件でもありますよ。

4.採光や通風などにより快適な空間になりやすい

マンションだと戸建てよりも部屋が快適になりやすいというメリットがあります。

例えば高層のマンションの場合、窓から街並みを見下ろすことができるなど、眺望の面で優位になりやすいです。近くに光を遮る建物もないでしょうから、日当たりは非常によく、風通しも良いです。

庭がないため、ゴキブリなどの害虫の心配も要りません。断熱性に優れているので季節に関係なく適温で暮らしやすいです。

24時間いつでもゴミを出せるなど、戸建てにはない利点が多いです。

何か不具合があれば、すぐに対応してもらえるというのも、マンションならではのメリットですね。

マンションには戸建てにはできない利点が多いです。これらのメリットを求めている家庭からすると、分譲マンションは非常に相性の良い持ち家ですね。

分譲マンションの4つのデメリット

マンションにはメリットがある一方で、デメリットもあります。

主なデメリットは次の通りです。

  • 管理費や駐車場代がかかる
  • 土地と違って経年劣化がある
  • 隣人への気遣いが必要
  • 建て替えができない

欠点1.管理費や駐車場代がかかる

まず分譲マンションを購入するとなると、住宅ローンは例外として、管理費や駐車場代などの維持費がかかります。

賃料と比べれば安いのでしょうが、それでも継続的にかかるコストは家計にとって負担となるでしょう。

もっとも、これらの費用は修繕などに使用されるお金なので、見方によってはデメリットとはなり得ないでしょう。

戸建ての場合であっても家のメンテナンスにはお金がかかるものです。修繕費もそれなりに高くつくので、必ずしもマンションの管理費や修繕費の方が高いとは言えません。

欠点2.土地と違って経年劣化がある

いくらメンテナンスをしっかりとやったところで、いずれマンションの資産価値は減少していくことでしょう。

戸建てであっても経年劣化はありますが、土地は違います。土地付きの戸建ての場合、土地は経年劣化しないので、常に相場の価格で売れます。

購入時の価格こそ高額になりやすい戸建てですが、将来土地を高値で売却することができれば、結果的にマンションよりもお得になるでしょう。

マンションと戸建てのどちらが安いのかは、土地の価値も考慮して計算した方が良いということですね。

欠点3.隣人への気遣いが必要

マンションは隣人との距離が近いということもあってか、騒音などの隣人トラブルに配慮して生活しなければなりません。

騒音に関しては、戸建てよりもマンションの方が響きやすいので注意が必要ですよ。

また、マンションで暮らすとなると、管理組合に参加することになるので一見すると面倒です。しかし、管理組合に参加しておくことで隣人との関係を良好に保つことができるので、メリットにもなり得るでしょう。

戸建てだからといって付き合いが不要になるわけではありません。たとえ戸建てでも、地域によっては管理組合への参加を求められることがあります。

マンションにもデメリットは確かにありますが、その中には戸建てにも共通したデメリットもあるということですね。マンション特有のデメリットというのは意外と少ないです。

欠点4.建て替えができない

マンション特有のデメリットというと、建て替えが出来ないことがまさにその典型ですね。

建て替えができる戸建てと違い、マンションともなると建て替えはできないので、一生この家に住む覚悟が求められるでしょう。

もっとも、建て替えの予定がない方からすれば、大したデメリットにはならないでしょうね。

マンションの主要なデメリットというと、やはり土地が手に入らないことでしょう。

土地を求めている方からすると、土地が手に入らないマンションは相性が悪い物件となりますね。

分譲マンションにはない戸建てのメリットとは?

ハウスメーカーより分譲マンションを購入すると、戸建てよりも安い価格で持ち家を購入できるでしょう。では、マンションではなく戸建てを買うメリットとは何なのでしょうか?

戸建ての主なメリットは次の通りです。

  1. 土地の資産価値が残る
  2. 管理費などの維持費がない
  3. 管理組合に参加する義務がない
  4. プライバシーを保護しやすい
  5. 騒音で隣人とトラブルになり難い
  6. 建て替えやリフォームなどが容易

戸建ては、建物だけでなく土地にも所有権が及びます。

経年劣化する建物と違って、土地は経年劣化がありません。いくらマンションがメンテナンスをしっかりとやったところで、建物の劣化は避けられないでしょう。

将来マンションを売却する時、劣化が酷ければその分だけ価値が落ちます。しかし、経年劣化のない土地ならば、何十年後であっても高値で売ることが可能になります。

建物だけでなく土地も所有できることこそが戸建てを買う強みですね。

さらに戸建ての場合、管理費などのコストがかからないというメリットがあります。確かに修繕費は発生するでしょうが、どのタイミングで修繕費を払うかは、本人次第です。

まだ建てたばかりで、本来であればメンテナンスが不要な頃であっても色々とコストがかかるマンションと違って、戸建てならば必要に応じてメンテナンスをするだけで済むので、お金の管理がしやすいです。

ハウスメーカーの中には、20年間や30年間などの長期にわたって修繕費を無料にするなど、アフターサービスが充実している会社もあります。

このようなアフターサービスが良いハウスメーカーを利用すれば、将来にわたってメンテナンス代などのコストを安くできるでしょう。

それどころか駐車場代などがかからない分、維持費に関して言えば戸建ての方が安くしやすいです。

加えて、一部の例外を除き、戸建てであれば管理組合などに参加する義務がありません。いつでも自由に暮らすことができます。

また、他の住戸と密接しているマンションと違って、戸建ては一つ一つの家が独立していることから、プライバシーが確保されやすいという利点もあります。

家と家との間隔が離れているので、隣人の騒音に悩まされる心配も少ないでしょう。

もちろん、隣人トラブルが絶対にないとは言いませんが、マンションと比べれば少ない方でしょう。

なにより、戸建ては建て替えやリフォームがしやすく、ライフスタイルに応じて部屋の間取りを変更できるという強みがあります。

子供がいる世帯の場合、子供が自立して家を出て行った時に戸建てをリフォームすれば、子供部屋の壁を無くして空間を広げることができるでしょう。

住宅を建て替えて二世帯住宅にし、子供世帯と親世帯が暮らしやすい家にするということも戸建てならばできますね。

このように、戸建ては家族のライフスタイルに合わせて自由に家を増改築できるという強みがあります。

戸建てのデメリットとは?

戸建てにはマンションでは真似できないメリットがたくさんあります。その反面、デメリットもありますよ。

戸建ての主なデメリットとは、

  1. 立地条件が同じマンションよりも高価
  2. セキュリティはすべて自己責任
  3. 日当たりや害虫に関してマンションより劣る

などが挙げられます。

まず戸建ては、立地条件が同じマンションと比べると価格が高くなる傾向があります。

例えば、駅が近く病院などの公共施設が充実していたり、徒歩で行ける場所に多様なお店があったりする地域ともなると、どうしても土地の価格が高くなりやすいです。

中には例外もありますが、通勤や通学などの利便性に優れた立地条件のエリアに住むとなると、マンションの方が価格面で優位になりやすいですね。

さらに、戸建てはマンションと比べて独立性が高い分、セキュリティの問題はすべて自分で対処しなければなりません。

オートロックや防犯カメラの導入、セキュリティ会社との契約などもすべて自分でやらなければならず、費用も自己負担です。

かといってセキュリティを疎かにすれば、空き巣などの犯罪に遭うリスクが増大するため、マンションよりもセキュリティ面で不安になりやすいです。

セキュリティ面で見ると、戸建てよりもマンションの方が優位でしょう。

他にも、戸建てはマンションと比べて日当たり害虫などの面で不利になりやすいです。

例えば、庭付きの一軒家は魅力的な住まいですが、庭というのは意外と手入れが面倒ですし、放置をすれば雑草などが生えて見栄えが悪くなります。

庭の手入れをするにしても、夏は暑いですし、冬は寒いです。

たとえ庭の手入れをちゃんとやっていても、隣の庭が手入れされていなければ、そこから害虫や野良猫がやってきて、庭を荒らすこともありますよ。

土地は確かに財産として残りやすいのですが、意外と手入れが面倒というデメリットもあるので注意しましょう。

ハウスメーカーのマンションに関するまとめ

今回はハウスメーカーより持ち家を買うとして、「マンションを買う場合のメリットやデメリット」戸建てと比較しながら解説しました。

同じような立地条件の場合、マンションは戸建てと比べて価格が安くなりやすいというメリットがあります。また24時間ゴミ出しができるなど、戸建てにはない利点もあります。

ただし、リフォームなどはできないので、子供が成長した時に部屋を増やせないなどのデメリットはあるでしょう。

今後、増改築の予定がない世帯からすると、マンションは住みやすい場所です。

価格で見るならマンションの方が相性が良いですし、増改築などをする予定があるなら戸建ての方が有利です。特に戸建てならば土地も所有できるので、いつまでも資産を残せるなどの利点がありますね。

戸建てとマンションにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。ハウスメーカーより持ち家を購入する際には、それぞれの長所と短所を比べて、もっとも良い方を選びましょう。