未分類

ハウスメーカーの分譲住宅の魅力とは?注文住宅との違いを解説

注文住宅にするか、それとも分譲住宅にするか…。

これからハウスメーカーより家を購入するという時、果たしてどちらの方が良いのか迷うものです。

注文住宅と分譲住宅にはそれぞれに一長一短があるので、こちらの方がオススメだと一概に決めることはできません。

ただ両方のメリット・デメリットを知ることで、自分に合うものがどちらかがはっきりと解ることでしょう。

分譲住宅には注文住宅にはないメリットがあります。

最近は分譲住宅の種類が増えているため、分譲住宅といっても必ずしも没個性的な家になるとは限りません。色々なタイプの分譲住宅があり、その中には好みの家もあることでしょう。

今回の内容は、

  • 分譲住宅の魅力とは何か
  • 分譲住宅のメリットやデメリット
  • 分譲住宅と注文住宅との違い

など、分譲住宅について解説していきます。

分譲住宅とは?

分譲住宅の場合、あらかじめ整備された広大な土地に大量の住宅を建てることになります。住宅が完成すると、その中から一戸ずつ分割して販売することから「分譲住宅」と呼称されています。

似たような形式の建物として、分譲マンションがあります。こちらはマンション一棟の中から、各住戸を一つずつ販売する形式となりますね。

分譲住宅の特徴は、既に完成されている住宅をそのまま販売すること。つまり、工事を待つことなく、すぐに新築の住宅を購入できるということです。

ハウスメーカーが既にインフラ整備などを行っているので、分譲住宅を購入する場合は、面倒な手続きや作業をせずに入居できます。また住宅での暮らしが快適になるように道路も広く整備されています。

地盤調査や上下水道の完備、ガスや電気など、住宅で暮らすにあたって必要な調査や工事は既にプロの業者が済ませているので、分譲住宅を購入する場合だと土地探しも不要になるでしょう。

さらに、分譲住宅が建つ場所というのは、ハウスメーカーなどの業者が住宅の建設を目的に購入した土地となるため、周囲に商業施設などが無く、閑静な住宅街になりやすいです。

分譲住宅の魅力とは?

分譲住宅には注文住宅にはない魅力があるのですが、果たしてそれはどのような利点なのでしょうか?

分譲住宅の主なメリットは以下の通り。

  • 注文住宅よりも安価
  • 購入前の時点で完成した姿をチェックできる
  • 土地と建物がセットなので価格が明瞭
  • 購入後すぐに住める
  • 機能性や快適性に優れた家が多い

まず分譲住宅は注文住宅と比べて非常にリーズナブルな価格で購入できるというメリットがあります。

家というのはどうしても価格が高くなるものです。住宅ローンを利用すれば買えるといっても、購入後は返済し続けなければならず、ローンの負担は大きいです。

たとえ住宅ローンを利用するとしても、収入が低いと借入可能額も低くなるため、目的の家を購入できない場合もあります。

高額ゆえに二の足を踏みやすい住宅購入ですが、分譲住宅ならば安価なので、安く家を買いたい人にはオススメです。

分譲住宅が安いのには理由があります。

分譲住宅は事前に広大な土地を買い、その土地を整備して大量の戸建てを建てることになります。作り方が統一されているため無駄がなく、注文住宅よりも安い費用で建てることができます。

安いといってもそれは規格化のおかげであり、質が低いわけではないので安心してくださいね。むしろ同じような仕様の家ならば、注文住宅と分譲住宅とで品質にそれほど違いはないといえるでしょう。

注文住宅よりも安くて品質の良い家に住めるという利点に加え、分譲住宅ならば事前に戸建ての中身をチェックできるというメリットがあります。

分譲住宅は既に完成済みの戸建てとなるため、契約前であっても家の外観や内装、住み心地、設備などを細かくチェックできます。

そのため住宅を建てた後に間取りの設計で失敗したというミスが少なく、想定通りの家に住めます。

完成済みの分譲住宅ならばわざわざ自分で設計して、新たに工事をする手間もないので面倒がありません。工事が既に終わっているので、地鎮祭などを行う必要がないというのも分譲住宅ならではのメリットですね。

さらに、分譲住宅では土地と建物がセットになっているので、土地探しをする必要がありません。その土地についても、既に地盤調査が完了している他、道路やインフラ整備がされているので、土地についてのアレコレといった面倒な作業が不要になります。

これが注文住宅の場合、自分で地盤調査をして土地を探さなければなりませんし、住宅ローンの手続きが煩雑になります。

住宅ローンというのは、申し込めばすぐに融資を受けられるものではありません。実際に融資を受けられるのは引渡時となるので、つなぎ融資などを利用しなければならず、そのための手続きに追われることになります。

土地と建物がセットの分譲住宅ならば購入の手続きが簡易化され、住宅ローンの手続きも簡単に行えます。

さらに購入にかかる総費用が明瞭なので予算を組みやすいという利点がありますね。

また、購入をすればすぐに住めるというのも分譲住宅のメリットです。

これが0から工事をする注文住宅の場合は、工事請負契約を結び、竣工するまでの間は家に住めなくなるため、その間は賃貸で暮らすことになります。しかし、すぐに住める分譲住宅ならば、入居までにかかる賃料などのコストがかからないので、余計なお金を使わずに済むのです。

「早く・安く住める」というのが分譲住宅の主なメリットということですね。

では住み心地はどうなのでしょうか?

分譲住宅は注文住宅とは違って、客の意見を聞くことなく、ハウスメーカーの都合に合わせて大量の家を建てます。しかし、まったく個性のない家を建てるということはありません。

むしろ特定のコンセプトに従って分譲住宅を建てるので、住み心地の良い家が意外と多いです。

分譲住宅が建つ分譲地は、戸建てが建つことを想定した地域となるため、住みやすい環境づくりをしてくれるものです。

公園やごみ捨て所が整備されているなど、利便性を高めるための配慮が行き届いている分譲地であれば、子供がいる家庭でも安心して暮らせるでしょう。

国土交通省が発行する「平成29年度 住宅市場動向調査報告書」によると、分譲住宅を選んだ理由として、最も多いのが「一戸建てだから」、次いで「新築住宅だから」という結果が出ています。


参考元:平成29年度 住宅市場動向調査報告書 – 国土交通省

ここで注目すべきは、3番目に回答が多かった「住宅の立地環境が良かったから」というところです。

「一戸建て」や「新築物件」という住宅の購入で欠かせない条件項目と並んで、5割を超える人が分譲住宅の立地環境の良さを選択理由に挙げているのです。

このような結果からも分譲住宅がいかに住みやすい環境であるかが伺えますね。

さらに、分譲住宅は同じ時期に家を購入する人が集まるので、同世代のコミュニティが形成されやすいという魅力もあります。

同世代や子育て世代が集まりやすいので、近所付き合いがしやすいということですね。

分譲住宅のデメリットとは?

分譲住宅にはメリットもあれば、デメリットもあります。

分譲住宅の主なデメリットはこちら。

  • 間取りを自由に設計できない
  • 家の造りが平均化されやすい
  • 既に土地を所有している方とは相性が悪い

まず分譲住宅の最大のデメリットは、自由に間取りを設計できないことです。これは注文住宅との大きな違いでもあります。

分譲住宅は注文住宅と違って既に完成されているものです。見学をして生活をイメージしやすいという強みがある反面、完成形なので新たに間取りを変更できないというデメリットがあります。

間取りを変えたい等の要望は基本的に聞いてはくれません。

庭が広い家が欲しいなら、最初から庭が広い分譲住宅を探さないといけません。部屋の数や外観、内装なども同様です。

こちらが希望する家が販売されているのであれば問題はないのですが、完璧にこだわりを体現した分譲住宅を探すのは難しいでしょう。

分譲住宅では誰でも快適に住めるような平均的な家になりやすく、オーダーメイドの家は建てられないのです。

どうしてもここは譲れないという要望がある方は、分譲住宅は向ていないでしょう。同様に、既に土地を所有しており、そこに家を建てたいという方も、分譲住宅は向いていないです。

分譲住宅は広大な土地に大量に戸建てを建て、それを一戸ずつ販売することで注文住宅よりも安い価格設定が成立しています。

そのため特定の土地に一戸だけ建てたいという方との相性は悪いでしょう。言い換えれば、土地を持っていないという方に関しては、土地とセットで買える分譲住宅とは相性が良いということですね。

分譲住宅を選ぶ際には、分譲住宅そのもののメリット・デメリットだけでなく、分譲地の特徴を見ておくと、より理解を深めることができます。

分譲地の特徴とは?

分譲住宅を購入するということは、分譲地で暮らすということになります。果たして分譲地とはどのようなエリアなのでしょうか?

分譲地とは、もともとは住宅以外の用途に使われていた土地をハウスメーカーなどの業者が購入し、宅地として供するために造成、区画整理をした土地のことです。

要するに、新しく作られた住宅地ということですね。

今まで人が住んでいなかった場所に住宅地を作るため、生活できる環境を整える必要があります。

分譲地は事前に業者が地盤調査をしている他、道路や水道などのインフラを整備してくれるので、すぐに生活できる土地です。

もしも水道などのインフラ整備がされていない土地で住宅を建てるとなると、水道の敷設などで高額の費用がかかることでしょう。しかし分譲地であれば、そのような心配が不要になります。

ただ、分譲地にはメリットだけではなくデメリットもあります。

もともと住宅を建てることを前提にしたエリアなので商業施設などは少なく、時間の経過と共に活気が失われやすいです。

さらに、昔から住んでいるという人が少なく、新たに引っ越してくる人が多いので、人となりが分からずに隣人関係で不安になりやすいというデメリットがあります。

なにより、人気のある区画はすぐに埋まってしまいます。分譲住宅を購入する場合、早めに買っておかなければ手に入らないことがあるので注意しましょう。

「分譲住宅」と「注文住宅」の違いとは?

分譲住宅には間取りを自由に変更できないというデメリットがあります。しかしこのデメリットは、注文住宅ならば解決が可能です。

注文住宅の最大の強みは、一人ひとりのお客さんの要望に応じて自由に間取りを設計し、希望や要望を反映させた家を建てられることです。

まさに世界に一つだけの「オーダーメイドの家」を建てられるということですね。

ライフスタイルというのは各家庭によって違いがあります。

子だくさんなので子供部屋をたくさん欲しいという家庭もあれば、親世代との二世帯住宅を希望しているという家庭もあるでしょう。

既に仕様が決まっている分譲住宅では、特定のニーズのある家庭とは相性が悪く、希望には応えられないです。

さらに、注文住宅ならば、土地も自由に選べます。通勤や通学、コミュニティ、住環境など、総合的に見てもっとも理想的な土地に好きな家を建てられるので、まさに理想の生活を送りやすいです。

このように分譲住宅には無いメリットがある注文住宅ですが、価格が高くなりやすく、入居までに工事があるので時間がかかるというデメリットがあります。

時間がかかる分、手続きも多く入居まで忙しくなります。

予算を組むにしても、土地と建物でそれぞれ別契約を結ばないとならないので、どれくらいの費用がかかるのかを予測することが困難になります。

しっかりと資金計画を立てておかないと、後々になって後悔しやすいので注意しましょう。

時間と労力をかけて注文住宅が完成したとしても、本当にその住宅がイメージ通りの理想の家になるとは限りません。

なにしろ注文住宅の場合、工事が完了するまで実物を見ることができないからです。

実際に建ててみると「ここはもっとこうして欲しかった」「これは要らなかった」など、設計の段階では気づけなかったミスや失敗が出ることも…。

注文住宅で失敗しないためには、入念な計画が必要です。良い家を建てるためにも、担当者とはよく打ち合わせをし、問題点はないのか、満足な家にできるのかなどしっかりと協議しておきましょう。

以上のように、オーダーメイドの家を建てられる注文住宅は、理想の家が手に入りやすい分、時間とコストがかかりやすく、失敗しないように入念な計画が必須になります。

他方で、間取りを自由に変更できない分譲住宅は、契約をすればすぐに目的の家を購入できます。

「分譲住宅」と「注文住宅」は、まさに対称的な戸建てなのです。それぞれの家族構成やライフスタイル、価値観に合わせて、最も良い住宅を選択しましょう。

ハウスメーカーの分譲住宅に関するまとめ

今回はハウスメーカーの「分譲住宅の魅力やデメリット」「注文住宅との違い」などを解説しました。

分譲地に建つ分譲住宅は、価格が安くすぐに入居できるというメリットがあります。既に完成しているのでどのような家なのかを実物を見学してチェックできるというのも分譲住宅の強みです。

対して注文住宅の場合、完成するまで実物は見れないので、失敗しないためにも入念な準備と計画が必要になります。

分譲住宅と比べて注文住宅は費用が高く、入居までの時間も長いです。その反面、オーダーメイドで家を建てられるので、間取りなどを自由に設計できるという強みがあります。

早く安く家に住みたいのなら分譲住宅がオススメですし、こだわりを反映させた家に住みたいのなら注文住宅がオススメです。それぞれに違いがあるのでよく比較して決めると良いでしょう。