未分類

家を買う前に頭金はいくら用意するべきか?目安や頭金を貯める5つのコツを解説

頭金はあるに越したことはありません。

たとえ不動産ローンを利用するにしても、頭金があれば経済的に苦労することなく家を買えます。

ただ頭金は用意した方が良いとして、いくら用意するべきなのでしょうか?年収に対していくらぐらい頭金があれば、家を買うには申し分のない金額となるのでしょう?

今回は家を買うにあたり『頭金はいくら用意した方が良いのか』年収などをヒントにその目安を解説します。

頭金があるメリットとは?

将来、家を買うために今のうちに頭金を貯めているという方は多くいることでしょう。

不動産ローンを組むにしろ、頭金が多くあれば、その分だけローン返済の負担が軽くなるというメリットがあります。反対に、頭金がないと資金に余裕がなくなり返済の負担が大きくなるでしょう。

なにより、頭金があると、家を購入するにあたって選択肢を増やすことができるという利点がありますね。

頭金がないと、不動産ローンで得た融資のみで家を購入することになります。住宅ローンといっても、借入可能額に上限はありますから、いくら高額の融資を受けたくても、年収が足りなければ受けられないでしょう。

できるだけ良い家を買いたいと思ったところで、年収が低いと借入可能額も減ってしまうため、買える家の選択肢は狭まってしまいます。

しかし、頭金があれば話が違います。

仮に借入可能額が3000万円の家庭があるとして、頭金が1000万円あれば、不動産ローンと頭金を合算することで最大で4000万円まで使うことができます。

この家庭が3500万円の家を買いたいという時、頭金が1000万円あるので、ローンの金額は2500万円となります。

しかし頭金がないと、不動産ローンを目一杯利用したとしても、3000万円しか借りられず、3500万円の家は買えないでしょう。

頭金があればローンの額を減らしつつ、同時に頭金がない家庭よりもグレードの高い家を買うことができます

ローンと違って頭金は自身が貯めたお金なので、返済の義務がなく、文字通り自由に使えるお金です。

頭金が沢山あれば、その分だけ選択肢が増え、理想のマイホームを購入できるでしょう。ただ頭金を貯めるといっても、いくらぐらいあれば良いのでしょうか?

頭金の目安とは?

いくら頭金があった方が良いからといっても、頭金だけで家を買えるほど貯めるとなると、流石に時間がかかるでしょう。

かといって頭金が少なすぎると、住宅ローンの借入額が上がってしまうため、返済の負担が大きくなります。

頭金の目安は、だいたい買いたい家の購入額の1割~2割とされています。

3000万円の家を買う予定なら、300万円から600万円は必要ということですね。

ただし、家といってもそれぞれです。3000万円の家もあれば、1億円以上もする家もあります。

理想の家があるとはいえ、年収を大幅に超えるような家を希望すると、家の価格の1割を貯めることは一苦労ですよね。

お金はいつでも貯められますが、一度過ぎ去った時間は二度と返ってきません。

頭金をいくら貯めるべきかを考える際には、そもそも自分の年収ではどのくらいのグレードの家が最適なのか、年収に見合う家を決めておきましょう。

年収から見る住宅ローンの目安とは?

住宅ローンを組む際には注意すべき点があります。

それは「借入可能額」が必ずしも「返済可能額」とは限らないということです。いくら5000万円借りることができたとしても、返済できないならば借りてはいけません。

限度額いっぱいでローンを組んだ結果、返済できずに後悔したという方は非常に多いです。いくら可能だからといっても限度額ギリギリで借りることは避けましょう。

住宅ローンを返済できる金額の範囲内で借りたいと思うのなら、返済額が年収の20%から30%を占める程度の金額を目安にすると良いでしょう。

住宅ローンの年間の返済額が、年収の3割を超えるようであれば、返済の負担が大きくなります。場合によっては、返済が困難に陥るリスクもありますよ。

例えば、年収が600万円ならば、年間の返済額はその3割にあたる180万円を越えないように不動産ローンを組むべきでしょう。

 

仮に同じ条件で30年のローンを組むとした場合、年間の返済額の上限が180万円なので、30年で5400万円となります。

年収600万円の世帯なら、不動産ローンの上限は5400万円に設定した方が良いということですね。この金額を超えてしまうと、返済の負担が大きくなりますよ。

今回は返済比率を30%にして計算しました。しかし、返済比率を30%から20%に引き下げるのであれば、この上限はもっと低くなります。なにより、実際には金利が付くので、もう少し安くなるでしょう。

現在の年収と手取り、返済比率などを計算することで、問題なく返済できそうな住宅ローンの金額を算出できます。

以上のように住宅ローンの返済可能額を先に計算することで、購入できる家の価格と、それに相応しい頭金の目安を算出できますよ。

頭金がない状態で家を買うデメリットとは?

頭金がない、要するに家の購入に充てられる資金がないとなると、様々な面でデメリットを被ります。

まず頭金がないと「住宅ローンの審査で不利」になります。

たとえ審査が通って融資を受けることができても、フルローンとなるため、返済がキツくなるでしょう。もしも返済が滞ってしまった場合、最悪のケースとして家を手放すことになりかねません。

家を売却してローンを返済できれば良いのですが、住宅の価値が下がることで、新築時よりも安い値段でしか売却できないとなると、ローンを払えずに自力で返済することになるでしょう。

自宅の差し押さえなどのリスクを回避し、安全に家を買うためにも、やはり頭金はあった方が良いですね。

頭金なしで買うメリットは少ない

確かに頭金なしで家を買うという行為は、将来的に家を手放すリスクを上げる行為なだけに危険を伴います。ただ、まったくメリットが無いということではありません。

頭金なしでローンを組むと、自己資金を一切減らすことなくすぐに家を買うことができるのです。

これが頭金なしの主要なメリットですね。

他には、頭金なしでローンを組むことで融資額が増大し、結果的に住宅ローン減税の効果を高めることができるという利点があります。

もっとも、年収が低い世帯の場合、もともと支払う所得税と住民税の額が低いので、住宅ローン減税を利用する効果は少ないでしょう。これは高所得な世帯向けのメリットですね。

以上のように、頭金なしで家を買うメリットはすぐに目的の家に入居できることぐらいでしょう。

たとえ頭金なしで家を買ったとしても、返済が滞れば差し押さえとなり、手放すことになりかねません。

頭金なしでローンを組むのであれば、絶対に返済が滞らないように堅実な返済プランを立てないといけませんよ。

頭金を貯めるためにすべき5つのこと

色々な意見もありますが、やはり頭金は無いよりもあった方が良いです。頭金が無い方が良いというケースというのはよほど特別な事情でもない限り、滅多にないでしょう。

ただ頭金を貯めるといっても、どうやって貯めれば良いのでしょうか?

頭金とは、住宅を買うための資金であり、貯金ではありません。貯金は貯金で、別に貯めることになります。

家族の場合、住宅の頭金以外にも、子供の教育費や老後の生活費など、貯めておかないといけない資金が沢山あります。

その中で頭金のための資金を上手に作る方法というと、例えば「節約」「投資」「副業」など色々ありますね。

だいたい世帯年収が600万円以上あると、やり繰り次第では1000万円以上の頭金を貯めることもできます。

他にも、親から経済的な援助を受けるという方法もあるのですが、独力で頭金を貯めるとなると、様々な工夫を凝らす必要があります。

ちなみに、たとえ世帯年収が300万円でも、やりくり次第では貯金を1000万円以上貯めることも可能です。ただ年収が低いとなると、1000万円まで貯まるのに時間がかかることでしょう。

できるだけ短時間で、目標となる金額を貯めるにはコツがあります。

そのポイントは5つです。

1.貯蓄計画を立てる

年収から買えそうな家を決め、このぐらいの頭金が必要だということがわかったら、あとは頭金を貯めるだけです。

ただ、目標を決めるだけで頭金が自動的に貯まったら苦労はしません。頭金を貯めるためにも、まずは月々いくら頭金にまわすのかという貯蓄計画を必ず立ててください。

給料から毎月一定額以上を天引きして貯蓄をする財形貯蓄などを実践すると、頭金が貯まりやすいですよ。

2.使ってもいいお金を決める

単純に節約をすることも大切です。ですが、ストレスを抱えるほどの無理な倹約は控えておきましょう。

無理な節約をすると、ストレスが増大することでかえって失敗しやすくなるので、オススメはしません。

節約をするのではなく、使うべきお金そうでないお金を分類することをオススメします。

収入のうち、ここまでは使っても良いお金、ここまでは使ってはいけないお金と、しっかりと使える金額の上限を決めておきましょう。たったそれだけのことで、お金が貯まりやすくなりますよ。

  1. 毎月一定額ずつ必ず頭金にまわす
  2. 余分なモノは買わない

以上の2点を繰り返すだけでも頭金は貯まりやすくなります。

3.投資はせずに臨時収入を蓄える

いくらお金を増やしたいからといって、頭金を投資に回すことは控えてください。

投資をすると、確かに元本を増やせるかもしれませんが、同時に元本割れのリスクもあります。

日本の銀行の低い金利がどうしても我慢できないのであれば、金利が高い外貨預金ぐらいに留めておきましょう。

日本よりも有利な金利を設定している先進国の外貨ならば、銀行に預ける以上の金利が見込めますよ。ただ、新興国などのリスクのある外貨への預金は止めておくのが賢明です。

投資をするよりも他に、ボーナスを全額頭金にまわしたり実家で暮らすことで賃料などを抑えたりする方法がおすすめですよ。

4.保険を見直す

頭金を貯めるにあたり、保険を見直すというのも良い方法です。

例えば生命保険に加入しているのであれば、住宅ローンを組む時に団体信用生命保険を利用することで、生命保険の必要性を減らすことができます。

団体信用生命保険を利用した結果、現在の生命保険が不要になるのであれば、解約をしても問題はないでしょう。

保険を解約すれば、その分だけ頭金も増えますね。

5.不要な物を現金化する

自動車についても、ほとんど乗る機会が少ないというのであれば、売却して現金にしてしまうという方法があります。

なにしろ自動車というのは、保有するだけでお金がかかるものです。ガソリン代や税金などコストがかかります。しかし売却してしまえばランニングコストが減る上に、売却益まで入るので、頭金も貯めやすくなりますね。

頭金を貯めると決めたら、必ず一定額ずつ貯めるための計画を練り、実践しましょう。

そして、株などの投資は避け、堅実に貯めてください。それが頭金を作る上で大切な事です。

頭金が貯まらない原因と解決策は?

頭金を貯めたいけれど、なかなか貯まらないという方は多くいるものです。では、なぜ頭金が貯まらないのでしょうか?

頭金が貯まらない原因は色々ありますが、「本人が頭金を貯めたいと思わない限り、今後とも貯まることは無い」でしょう。

頭金を貯めないと、いつまで経っても家を買うことはできないです。問題は、本当に家を買っても良いのかという不安があると、頭金を貯めるためのやる気が出ず、貯まらないということです。

頭金にまわすぐらいなら、目先の利益を追求したいと誰もが考えるものです。

現在の頭金が貯まらないという状況から脱し、頭金を貯めようという意識に変えるためには、このまま頭金が貯まらないとどのような未来が待っているのか、一度、シミュレーションをしてみることが役に立ちますよ。

例えば賃貸で暮らしている方の場合、頭金が無く、家を買えないとなると、このまま一生賃料を払うことになります。

収入があるうちはそれでも大丈夫ですが、いざ定年を迎え、老後を迎える時、果たして老後も賃料を払い続けられるだけの資金はあるのでしょうか?

頭金が貯まらないということは、結局のところ、家が買えないということです。家が買えず、賃貸暮らしのままだとどのようなデメリットがあるのか、一度しっかりと考えてみましょう。

将来のメリットとデメリットを把握し、その上で家が必要だと思えるようになれば、自然と頭金を貯めるためのやる気のスイッチが入るものです。

今のままでも将来が安泰ならば、頭金を貯める必要はないのです。しかし、このままだとマズイのであれば、やはり頭金は早急に貯めた方が良いでしょう。

家の頭金に関するまとめ

今回は家を買うにあたり、『頭金はいくら必要なのか』『どうやって貯めれば良いのか』について解説しました。

頭金を貯めるのなら、家の価格の1割から2割ほどが目安となります。ただ、家の価格といっても、年収によって買いやすい家と買えない家があります。

頭金の額を決める際には、まず先に買うべき家の価格を決めます。より精確に言うなら返済可能な住宅ローンの上限を決めておきましょう。

住宅ローンの上限を決め、家の価格が定まったら、その1割から2割が頭金の目安となります。

頭金の目安が決まったら、節約貯金をし、頭金を貯めるための準備を始めましょう。

頭金が貯まらず、家を買えないとなると、今の暮らしが今後一生続くことになります。できるだけ早く今の生活から脱し、家を買うためにも、早めに頭金を貯めるための行動を起こしましょう!